革の種類と特徴~ヤギ革~

銀面のシボが特徴的なヤギ革。羊の革同様柔軟な性質とコシを持ち合わせています。また摩擦にも強く丈夫で耐久性がありますので様々な用途に使用されます。
そんなヤギ革はヤギの年齢によって2種類に大別されます。

 

予想以上の耐久性!シボ好きにおススメ~ヤギ革の種類~

 

ゴートスキン

ヤギ革の中でも大人のヤギからとった革のことを指します。牛革と比較して滑らかな肌触りで革自体は薄いながらも強度があるので、私は好んでバッグの素材として選んでいます。
一般的にヤギ革というときはゴートスキンのことを意味します。

 

キッドスキン

子ヤギの革のことを指します。ゴートスキンよりさらに薄く、柔らかく手触りがいいのが特徴です。生産量が少ないため高級品として扱われ、主に靴や手袋、衣類に使用されます。

革の種類と特徴~馬革~

質感は牛革に似ていますが繊維構造が粗く革として全体的に薄めです。、牛革より強度は劣る分柔軟性に富んでいて、昔から衣料製品に用いられることが多いです。
供給量は世界的に馬の生産数が減少したこともあり、革としても不足気味で、少ない生産の中から傷の少ない上質な馬革が選ばれるため革の中でも高価な部類です。
ちなみに馬革は「うまかわ」ではなく「ばかく」と読みます。

そんな馬革は馬の革全体を示す「ホースハイド」と、臀部(おしり部分)の革である「コードバン」、子馬の皮である「ポニー」の3つに大別されます。

 

コードバン

空気も水も通さないほど緻密な繊維をもち、硬さと光沢の美しさから「革のダイヤモンド」とも呼ばれる高級素材です。

サラブレッドやポニーなど名の知れた馬からは取ることが許されず、ヨーロッパで食肉用として生産されている農耕馬からのみ取れるので大変希少です。

牛の3~5倍の繊維の配列密度のおかげで耐久性が非常に高く、財布などに加工したときに他の革と比較し経年で型崩れしにくいという利点がありますが、
一方で水塗れには非常に弱く、雨などで水がついてしまった場所は水ぶくれのようになったり、シミになったりしてしまうので注意が必要です。

 

ホースハイド

コードバンを除く馬革を指します。銀面の繊維は牛革に比べ粗く運動量の多さから傷が多いですが、上質な素材は高価で取引されています。
1930年代には衣料に多く使われていたようです。生産量が落ちてきた今でも柔軟性が求められるジャンバー や 靴の裏地 に使われています。

また、首周りから前脚の周辺はフロントクォーターと呼ばれ、大判でありながら柔軟性も抜群なので衣類など革を多く使うアイテムに加工されています。

 

ポニー革

ポニー種と呼ばれる小型の馬から採れる馬革です。ポニーは子馬と勘違いされることもありますが、あくまでもポニー種という小型の馬です。
質感が似ていることから牛革のハラコとして代用され、そのままハラコの名前で販売されることもあります。

柔らかく軽いのが特徴で、特に軽さは牛革の半分くらいしかありません。摩擦に強く通気性もあるため、靴の内張りや衣類、財布などの小物に使用されます。

革の種類と特徴~豚革~

日本では豚の消費量が多いため、飼育から皮革製品になるまでの加工すべてを国内で行える唯一の革です。また国産であるため価格が安いのがメリットです。

銀面まで硬い毛が突き抜けているため、表面に空いた3つの毛穴の跡が最大の特徴。

∴←こんな跡が革の表面に無数にあります。この毛穴のおかげで通気性が非常によく、手袋や靴など湿気がこもりやすい場所に利用されます。

また摩擦に強く価格が安いため裏貼り用の革として人気があるのですが、表面の毛穴跡があり見栄えに劣るため、他の革に比べランクが低いとされています。

ここまでが一般的な豚革の知識ですが、加工の仕方によってさらに特徴のある革になりますので紹介します。

 

これぞ日本の革~豚革の種類~

 

アメ豚

タンニンなめし加工した良質な豚皮の銀面をすりとり、表面に亜麻仁油を引いて艶のある飴色に仕上げた豚革。

私はこの革を見て豚革の印象が変わりました。カーフスキン以上に高級なものとして販売されていますが納得の美しさです。

 

ピッグスエード

床面をサンドペーパーでこすり短く起毛させたソフトで手触りのよい豚革。家庭用のミシンでも仕立てができる程柔らかいです。

 

豚生皮

皮をなめす前に乾燥させた半透明の生皮。なめしてないので「革」ではなく「皮」です。水で湿らせることによって自由に造形ができ、仕上げ材を使用することでガラスのような光沢感・透明感を得ることが出来ます。加工にコストがかかるため、革としての価格は高いです。

革の種類と特徴~牛革~

レザークラフト用に最も使用される革と言えばやはり牛革です。大きいサイズで革が取れて丈夫なので、レザークラフトには最適です!

牛革は牛の年齢や性別によって名称や性質の差があり細かく分類されていますので、牛の年齢順に解説します。

 

レザークラフトといえばこれでしょ!~牛革の種類~

 

ハラコ

胎児~生後間もない子牛の革。短い毛のついた素材で、非常に柔らかく肌触りが良いことが特徴です。妊娠中に死亡した牝牛の胎児(腹子)や死産した子牛から採取されるため、非常に希少で市場に出回ることはほとんど無いようです。
しばしばハラコのためだけに出産前の牝牛のお腹を切り裂き、胎児の皮を剥いでいるのではとの話も目にしますが、ハラコと記載され販売されているものの多くはポニーなど、別の革製品で「ハラコ風」に仕上げたものが多いのが現状のようです。

 

カーフスキン

生後6ヶ月以内の子牛の革。生後間も無いので傷が少なく美しい革ですが、こちらも希少な最高級素材です。成牛の革と比較しキメ細かく柔らかいので上質な革として扱われますが、革が薄いのでハードな用途には適しません。

 

キップスキン

生後6ヶ月~2年までの牛の革。まだまだ高級品の部類。カーフスキンと比較すると滑らかさは劣るが、繊維の密度が高くなるため丈夫。サイズもカーフより大きくなるため、高級品の中では手ごろな材料とされ、主にブランドバッグなどに使用される。

 

ステアハイド

生後2年以上で、生後3ヶ月から6ヶ月の間に去勢された牡牛の革。去勢されたため傷が少なめ。牛革の中で最も一般的な革で、素材に牛革と記載されている場合、ほとんどはステアハイドのようです。
肉牛としての副産物として採取されるため、流通量が多く多くの革製品に利用されている。

 

ブルハイド

生後2年以上で、去勢されていない牡牛の革。牛革の中で最も硬くて丈夫。去勢されていない牡牛は気性が荒くケンカが多いため、銀面の傷が多く表面というより硬さが要求される靴底など見えない場所に利用される。

 

カウハイド

生後2年以上で、出産したことのある牝牛の革。キップスキンとステアハイドの中間のような特性。牝牛の皮は牡牛に比べ薄く柔らかで、出産後ということもあり腹部の皮には伸縮性がある。ブライドルレザーなどはカウハイドを利用することが多いようです。

なめしの勉強と革の種類

一口に革と言っても色んな種類があり、それぞれ独特の特徴をもっています。

革の特徴を理解し作りたいものにあった革を選ぶことは、モノづくりをする上で重要なファクターであり上達への近道となります。

まず革の特性を学び、自分の作りたいもの適した革を選べるようになりましょう。

皮から革へ~なめしの勉強~

動物の皮膚を剥いだあと、何の加工もなされていない原皮の状態のものを「皮」 と呼び、その皮に 「なめし」 と言われる防腐処理を施し物づくりの材料として再生したをものを「革」 と呼びます。

なめしの目的

・防腐処理(耐酵素性・耐薬品性
動物の皮はそのままだとバクテリアに分解され腐敗してしまいます。
なめし剤を付与することで、革の主成分であるたんぱく質に化学変化を起こして変性させ腐敗が防止されます。

・耐熱性の付与
通常、哺乳類の皮の耐熱性は62℃~63℃前後で、その温度を超えると皮は収縮してしまいます。
なめしを行うことで耐熱性が上昇し、牛革タンニンなめし革であれば耐熱性は75℃~90℃、牛革クロムなめし革であれば95℃~120℃まで上昇します。

・革らしさ、しなやかさを与えるため
一般に皮はそのままだと固くなったり腐敗したりします。それらを防ぎ、皮を柔らかくして耐久性や可塑性を加え、温かみのある感じをだすことで革として長く利用することが可能になります。

上記の効果を与えるなめしには主に「タンニンなめし」、「クロムなめし」、「コンビネーションなめし」、「油なめし」などがあります。

タンニンなめし
「ベジタブルタンニンング」 とも呼ばれる、樹木や植物などから抽出した天然の渋を利用して革をなめす製法です。
メリットとして

  1. 型崩れしにくく丈夫
  2. 染料の吸収がよく染色しやすい
  3. 吸湿性に富む
  4. 使い込むほどに艶や馴染みがでる

など多くの利点があります。
また飴色になるというのがタンニンなめしによる革の特徴です。

デメリットとしては、タンニンを革の中心部分まで浸透させるためにタンニン濃度を徐々に上げるなければならず、 そのためには30以上の工程が必要となります。
タンニンなめしの革はそうした手間の多さから単価が高いレザーなのです。

クロムなめし
硫酸クロム、重クロム酸ナトリウム、カリウム塩、クローム塩などの金属を用いた科学的な製法です。

メリットは

  1. 伸縮性が良い
  2. 柔軟でソフト感がある
  3. 吸水性が低く水をはじきやすい
  4. 耐久力がある
  5. 比較的熱に強い

などと、タンニンなめしとは異なる利点があります。
なめした後の地色が灰色なため、基本的には染色され使用されます。短時間でなめすことができるため、タンニンなめしに比べ低コストであることも特徴の一つです。

デメリットとしては、なめし工程で使うクロム物質が焼却により化学反応を起こし、人体に有害な6価クロムに変化するので処分する際には注意が必要だという問題があります。

混合なめし(コンビネーションなめし)
タンニンなめしとコンビネーションなめしを組み合わせたなめし方法です。タンニンなめし剤とクロムなめし剤の割合によって必要な特性に設計できる科学的ななめし方法であるため、作りたい革の用途や目的によって割合を自由に変えることが出来ます。

野球のグローブに使用されている牛革グローブレザーはこの混合なめしでなめされています。一般的にはクロームなめし→タンニンなめしの順序でおこない、逆にタンニンなめし→クロームなめしをすることを「逆コンビネーションなめし」といいます。

タンニンなめしほどの仕上がりににはなりませんが、タンニン風レザーの感じを出すことが可能なうえ、クロームなめし程度のコストで製作できるので、現在のファッション業界で最もポピュラーななめし製法となっています。

油なめし
革を動物の油に漬け込むことでなめす製法。非常に柔軟で吸水性・耐水性が高く、革としては珍しく洗濯も可能です。油なめしが採用されている代表的な革にセーム革が挙げられます。

代表的な革の加工~革の種類~

上記の方法でなめされた革はその後仕上げ加工を受け流通する。仕上げ加工には様々な方法があり、その加工法により風合いが大きく変わってくるので、好みに応じて使い分けられるよう覚えておきましょう。

ここでは各仕上げ方法と、仕上げ方法別の革の特徴について触れていきます。

素仕上げ
着色などが一切なされていない、なめしただけの革。革の劣化、変色を防ぎ美しさを保つため、オイルを塗りサンドペーパーで表面を滑らかにする工程のみ行います。素仕上げの中でも最も人気で代表的なものがヌメ革です。

ヌメ革
タンニンなめしを施した牛革で、「ベジタブルレザー」 とも呼ばれています。余計な加工をしていないため革そのものの味わいがあり、経年変化を楽しむことができます。使い込んでいくうちに、肌色から着色では得られない味わいのある飴色に変化していき、色が濃くなっていきます。
一方で、簡単ななめし加工しかなされていないので、水にも油にも弱く、一度しみ込むとシミになってしまうという欠点もあります。

アニリン仕上げ
顔料を含まない染料と薄くクリアな仕上げ剤を使って仕上げた革。革の風合いを活かしつつ着色され、透明感がありキメ細かく、やわらかな手触りの革になります。

顔料仕上げ
下地の革の色を完全に抑えるため、発色のよい色革になります。その代わり革の風合いといったものは失われます。

オイルド仕上げ
革にオイルを染み込ませ、どっしりとした重厚感のある発色としっとりとした手触りが特徴です。オイルド仕上げには様々な方法があります。

オイルドレザー
革をなめした後にオイルに漬けてから、さらに油分を加えたもの。 水をよくはじくため、ブーツや登山靴などのアウトドア用品にに多く使われる。

ロウ引きレザー
革にロウを染み込ませたり、吹き付けたりする仕上げ方法。ロウ引きをすることで、革の表面や繊維が保護されます。購入時はロウが目立ちかなり白いですが、使い込んでいくと次第にロウがはがれ落ちて、味わい深いものになります。

ブライドルレザー
カウハイドをタンニンでなめし天然染料で染色した後、獣脂や蜜蝋をブレンドしたワックスをブラシで何度も革に刷り込ませていくことで作られます。ロウ引きレザーの一種で革の表面にロウを刷り込むことで耐久性、撥水性が増している頑丈な革です。ブライドルレザーの製造には長いものでは1年以上の期間がかかるため非常に価値のある革として取引されます。

グレージング仕上げ
染料やコーティング剤を一切使用せず、タンニンなめし革の銀面を磨くことにより革に光沢をもたせる加工法。ヌメ革を購入し、ウッドブロックやガラス板で擦ることで加工が可能なので、個人でも比較的簡単にできる加工法のひとつ。

揉み加工仕上げ
油分の多いタンニンなめしの革を揉むことでシボを作り出した革。グレージング加工同様個人でも加工可能だが、かなり手間がかかる。方法は「レザークラフト技法事典Ⅱ」参照。。※シボとは皮革製品における表面のシワ模様のこと。

シュリンク仕上げ
揉み加工とは違い、薬品を使用し革を縮めて銀面にシボを作り出した革。

型押し仕上げ
その名の通り革の銀面に型を押し付けた革。ワニ革など高価な革は手が出しにくいが、型押しすることでイミテーション品ではあるが比較的安価で入手が可能になる。

このページを作成するにあたり以下のブログを参考にさせて頂きました。非常に細かく革の知識が書いてあるので是非参照してください。

オラ、革ジャンが好きだ!

レザークラフトであったら便利なおススメの道具集

必要な道具で紹介した道具さえあればある程度のものは作れます。ただこれがあればもっと楽に、もっといいものが作れるって道具が多々ありますので紹介します。

スーパースカイバー


革漉き用の道具です。革包丁でも漉き作業はできますが、感動するくらい作業が楽になります。

 

オールマイティプレート


これさえあればどんな金具もつけることができます。1つ1つ別で揃えるとかなり出費がかさむため、こういうセットでの購入をおススメします。

 

へり落とし


コバ処理の前処理に使用します。革のヘリを落とし革に丸みをつけることで、最終的な出来上がりが格段にきれいになります。
私は最初は使っていなかったのですが、使うか使わないかでかなり印象が異なるため、綺麗な製品を作りたいなら最初から持っておくことをお勧めします。

活版活字
s-CIMG2527
オリジナル製品を作る時、どうしても使いたいのが刻印。でもなかなか数字以外の刻印で、文字が打てるものって少なかったりします。
そこで大活躍なのがこの活版印刷に使用される活字。色んなフォント、文字サイズがあるので非常に重宝します。これがあると、タグ作りや名入れが出来るようになります。非常に使い勝手がいいので、財布に余裕があれば是非ご検討を。
参考:活字をアルファベット刻印として利用して革タグを作ろう!

私もいろいろ新しい道具を試してみたいと思いますので、便利なものが見つかればその都度このページに追加していきます。

レザークラフト初心者に必要な道具集

レザークラフトは専用の道具を使わずとも、やろうと思えば案外できます。

ペンでけがいたりハサミで切ったり、縫い穴を開ける道具と縫う針だけあれば何とかなります。

でもそれだとちゃんとしたモノを継続的に作るには物足りないですよね。

そこで初心者の方に向けて、レザークラフトでこれは持っていた方が良いという道具を紹介したいと思います。

自分が作りたいものは何か、そのためにはまず何から揃えるべきかの参考にしてください。

 

レザークラフトで揃えたい道具一覧

丸ギリ

ホーム
created by Rinker

型紙を革に合わせ革の裁断方法面をけがいたり、穴の位置を印付ける時に使用します。また1.6mmの丸穴を開けることもできます。
革をけがく上で必ず使う道具であり、持っていると何かと役立つので1つあれば間違いないでしょう。

 

プロ用銀ペン

created by Rinker

クロム鞣しの革に型紙を合わせ革の裁断方法面をけがいたり、穴の位置を印付ける時に使用します。タンニン鞣しの革は跡がつきやすいため丸ギリを使用しますが、クロムなめしの革はけがいても跡がつきづらく、強くけがくと革が銀面がめくれてきたりします。
革の裁断方法作業を進める上で、けがいた線が分かりにくいと時間がかかってしまうので、丸ギリと使い分けて使用します。

 

革包丁

created by Rinker

革の革の裁断方法に欠かせない道具です。下に紹介する価格の安い「別たち」もありますが、私はカッコよさを求めてレザークラフトを始めたため、最初から値段の高い革包丁を購入しました。
めちゃくちゃ切れ味がいいです。値段分の価値は確実にあります。ただずっと使っていると切れ味が落ちてくるので、研ぐ必要があります。

 

別たち

created by Rinker

革の革の裁断方法に欠かせない道具です。革包丁と同様に使用でき、なにより刃を研ぐ必要がないので楽です。また価格もリーズナブルで入門用としては十分だと思います。

 

ビニール板

created by Rinker

革を革の裁断方法するとき下に敷きます。これがないと机を傷つけてしまいますし、ビニールで柔軟性があるので革包丁の刃を傷めることなく使用できます。ただ意外と高いんでびっくりします。やってる感じからすると、極小だと後々後悔しそうなので、せめて小サイズくらいからの方がいいかなと個人的には思います。

 

ネジ捻

created by Rinker

革を縫うときのガイドを引く道具です。先端のネジで開き幅を調節でき、一定の幅での線引きが可能です。
私は普段もっとチープなディバイダーというコンパスのような道具で線引きをしておりますが、ネジ捻の方が使いやすいです。

 

ヒシ目打ち

created by Rinker

革を手縫いする場合事前にこの道具でガイドの穴を開けます。基本的には2本ヒシ目打ちと4本ヒシ目打ちがあれば間に合います。
直線は4本ヒシ目打ちでいいですが、カーブの穴を開ける場合は2本ヒシ目打ちが必要です。

 

ハトメ抜き

created by Rinker

1枚目の画像のものは一般的なハトメ抜きです。かがりや金具の取り付け用の穴を開けます。
ただ1つ当たり600円くらいして、サイズごとに揃えるとかなりの金額になるため、ここでは他のものをお勧めします。

 

レザーパンチ

dougu
created by Rinker

これ一つで6種類の違う大きさの穴を開けることができます。ハトメ抜きを普通に買ったらそれだけで3000円以上かかりますが、これならかなり安くで購入できます。

 

ストロングツール


こちらはさらに安いタイプです。先端を交換して好みのサイズで穴を開けることができます。大体600円程度なので、通常のハトメ抜き1つの値段で6個分の仕事をしてくれることになります。

 

木槌


穴あけ、刻印の打ち込み、縫った後の糸の押さえなど様々な用途で使います。
正直上記のことができれば100均のハンマーだろうが何でもいいですが、木製だとやっぱりカッコよくて、レザークラフトしてるぜって気になります(笑

 

ゴム板


ヒシ目打ちなど、他にも打ち込みをする際の下敷きとして使用します。これがないと机が傷つくので、確実にあった方がいい一品です。

 

サイビノール


伸びのよい水性系接着剤で、乾燥後は半透明になります。縫い合わせの前に接着したりと、案外接着で最終製品への出来も変わってくるので、確実に1つは持っておきたいです。

 

ジラコヘラ


接着剤を薄く伸ばすために使用します。正直接着剤を伸ばすだけなので、これじゃなくても何を使ってもいいと思います。

 

手縫い針


通常の針より太めで、先端も鋭くありません。おススメとしては細い穴を通すので、針としては細め。ただ糸通しが面倒なので、糸通し用の穴が大きいものが素晴らしいです。

 

エスコード


麻製の手縫い糸。そのまま使用すると毛羽立つため、手縫いワックスでロウ引きという作業をしてから使用する必要があります。
多くのカラーバリエーションと3種類の太さがあるので、作品ごとに変えてもGood.

 

手縫いワックス
[amazonjs asin=”B0091FU0KK” locale=”JP” title=”クラフト社 革工具 手縫いワックス 8630″]
手縫い糸をコーティングして毛羽立ちや、使用途中での擦り切れ、縫い目の緩みを防止する。
主成分は蜜ロウ。

 

手縫いロウ引き糸


あらかじめロウ引きされたポリエステル製の手縫い糸。自分でロウ引きするのは面倒くさいという人はこちらをどうぞ。

 

トコノール

トコ・コバの仕上げ剤。トコとコバの表面の毛羽立ちを押さえ、滑らかで艶やかに仕上がります。無色透明で臭いもなく、水性なので安全に使用できます。

 

プレススリッカー


3種類の幅の違うコバ処理が可能です。その他床面磨き・接着の際の圧着や型出しなど様々な用途で使用できます。

 

サンドスティック


接着前にサンドスティックで接着面を削ることにより、より強固に接着させることができます。
また革を張り合わせた後、微妙に段差が出てしまったコバの処理にも使います。

レザークラフト初心者に勧めたいおススメ教材集

レザークラフトを始めようと思ったとき、皆さんはまず何を見て始めるでしょうか。
たぶんインターネットと答える人が大半なんじゃないでしょうか?
かつて私がレザークラフトを始めた時も「作り方くらいネットに載っている」「作り方にお金をかける必要はない」そう思ってました。
確かに実際その通りで、大手サイトから個人ブログなど、レザークラフトの仕方はどこにだって載っています。
でも中にはネットには載っていないこと、詳しく書かれていないことって必ずあるんです。
そういった情報は載っていても探すのにかなり苦労したりします。
それなら時間の節約のためにも初めから本できちんと勉強するのもアリなんじゃないかってことで紹介するのが以下の本たちです。
私も買ってみて初めて分かったんですが、やっぱり紙媒体ってめちゃくちゃ見やすいです。
画像のレイアウトとか、ネットじゃ真似できないことが自由にできるんでいいですよね。
それでは私が実際に買ってみた本を紹介していきます。

レザーの入門書一覧

別冊DaytonaBROS アメカジ レザークラフト完全読本

基本的な技術についてはある程度慣れてきた私ですが、サイトを作るには全然知識が足りてないなぁってことで本屋に立ち寄ったのですが、その時に出会ったのがこの本。

革の種類から工具、基本技術から1歩先に進む技術まで幅広く説明されています。これ一冊あればかなり知識が深まるかもヽ(o゜ω゜o)ノ

ちなみにロングウォレットの作り方を始め、小銭入れ、シンプルなウォレットの作り方も載っているので、知識だけじゃなくて作り方もわかっちゃいます。

 

レザークラフト技法事典 クラフト学園虎の巻


上で紹介した本の知識だけでも十分革製品を作ることは可能ですが、勉強のために購入しました。基本技法の他、レザーカッティングから染色まで、このサイトで取り扱っていることのほとんどはこの1冊でカバーできます。

やるならしっかり学びたいって人にはおススメ!

 

レザークラフト技法事典Ⅱ クラフト学園龍の巻


虎の巻で扱い切れていない金具の知識や芯材と裏地の使い方、鞄の持ち手の部分の作り方など、ネットで調べても出てきにくいことが載っています。

直接的に鞄の作り方として書いてはいませんが、裏張りの張り方や持ち手作成・本体への取り付けなど鞄を作りたい人はこの本を持っているとかなり参考になると思います。

 

レザークラフト技法事典Ⅲ 装飾編 -クラフト学園監修

上記2冊からさらにステップアップした内容です。レザーアイテムの見栄えをよくするためには表面への加工が必要ということでレザーカービング、染色、レザーバーニング、スタンピングなどアイテムを華やかにする技術が惜しむことなく記載してあります。見てるだけでもワクワクする1冊です。

 

今やインターネットで大体の作り方は分かる世の中ですが、やっぱり紙媒体の方が情報がまとまっててわかりやすいですね。

気になった本は取りあえず手に取ってみることも大切だと思いますよヽ(o゜ω゜o)ノ