マジック3つ編みの方法~平編み~

髪の3つ編みでも革の3つ編みでも、端は別れているのが通常ですが、マジック3つ編みは両方が閉じられているという状況で編んでいきます。両方閉じられているのに編めるなんて驚きですよね。

編みはベルトやキーホルダーなど、単一のアイテムに使うのもいいですが、キーケースのベルトなどアイテムの中のワンポイントに編みを加えることで、デザイン的にもオリジナリティーを出すことができます。

網目を綺麗に見せるためには、編み方が緩すぎてもきつすぎてもいけません。
緩すぎると網目が整わず、きつすぎると丸みを帯び全体がゆがんだ感じになってしまいます。

表面の網目が均等になるように、適度な強さで編み進めていきましょう。

 

マジック3つ編みの方法

マジック編みでは通常の編みではしない工程を踏みます。

とはいっても難しくはないので、しっかり覚えていきましょう。

画像はクリックで大きくなりますので、必要に応じて確認してください。

 

①2本切れ込みを入れた革を用意し、左に2本右に1本の状態にします

(今回は分かりやすさのため色分けしたレザーをテープで留めています)

 

②AをBの上に通し右に寄せます

 

 

③CをAの上に通し左に寄せます

 

④BをCの上に通し右に寄せ、BとCの間に隙間を作っておきます

 

 

⑤BとCの隙間に革の下端を表からくぐらせます

 

 

⑥革を両端から引っ張ります

 

 

⑦下側のBとCの間に隙間を作ります

 

 

⑧BとCの隙間に革の下端を表からくぐらせます

 

通したらこのような形になります。

 

⑨隙間を詰め、②から⑧の手順を繰り返します

 

⑩編み目の間隔を整え完成です

 

マジック編みは最初から革の長さが決まっているのと、一順の工程が決まっているので求める編み目の間隔になりづらいというデメリットもあります。ただそれを差し引いても非常に価値のある技術だと思うので、是非使ってみましょう。

4本編みの方法~平編み~

平編みは編みの中でも基本的な技術の1つです。

ベルトやキーホルダーなど、単一のアイテムに使うのもいいですが、キーケースのベルトなどアイテムの中のワンポイントに編みを加えることで、デザイン的にもオリジナリティーを出すことができます。

網目を綺麗に見せるためには、編み方が緩すぎてもきつすぎてもいけません。
緩すぎると網目が整わず、きつすぎると丸みを帯び全体がゆがんだ感じになってしまいます。

表面の網目が均等になるように、適度な強さで編み進めていきましょう。

 

4本編みの方法

偶数の平編みは奇数の平編みとは方法が異なります。
偶数編みの中でも最も本数の少ない4本編みで基礎を身に付けましょう。
画像はクリックで拡大されますので、必要があれば適宜確認してください。
また矢印で上に通すか下に通すかガイドしているので参考にしてください。

 

①革を4本隙間なく並べます

 

②CをBの上に通し左に寄せます

 

 

③AをCの上に通し右に寄せます

 

 

④DをBの下、Aの上に通し左に寄せます

 

 

 

⑤CをDの上に通し右に寄せます

 

 

⑥BをAの下、Cの上に通し左に寄せます

 

 

⑦DをBの上に通し右に寄せます

 

 

 

⑧AをCの下、Dの上に通し左に寄せます。

このように右側の3本の一番外側の革を1つ内隣りの革の下に、2つ内隣りの革の上に通し左に寄せます。その後2本になった左側の外側の革を、1つ内隣りの革の上を通します。これを必要な長さになるまで繰り返します。

 

完成

 

 

編み終わりはカシメなどの金具で留めるか、他の革と接着、縫製をして固定しましょう。

5本編みの方法~平編み~

平編みは編みの中でも基本的な技術の1つです。

ベルトやキーホルダーなど、単一のアイテムに使うのもいいですが、キーケースのベルトなどアイテムの中のワンポイントに編みを加えることで、デザイン的にもオリジナリティーを出すことができます。

網目を綺麗に見せるためには、編み方が緩すぎてもきつすぎてもいけません。
緩すぎると網目が整わず、きつすぎると丸みを帯び全体がゆがんだ感じになってしまいます。

表面の網目が均等になるように、適度な強さで編み進めていきましょう。

 

5本編みの方法

3本編みから2本増えただけで基本的なところは変わりません。

画像はクリックで拡大されますので、必要があれば適宜確認してください。

 

①革を5本並べ、左に2つ、右に3つに分けます

 

②BをCの上に通し右に寄せます

 

③DをBの上に通し左に寄せます

 

④AをC・Dの上に通し右に寄せます

 

⑤EをA・Bの上に通し左に寄せます

 

⑥CをD・Eの上に通し右に寄せます

 

⑦BをC・Aの上に通し右に寄せます

 

⑧DをE・Bの上に通し右に寄せます

 

⑨AをD・Cの上に通し右に寄せます。このような手順で革ひもが3本ある方の一番外側のひもを隣の2本の革ひもの上を通し、逆側の2本の革ひもの内側に寄せます。これを目的の長さになるまで繰り返します。

 

こんな風に少しテンションを掛けながら編むとやりやすいです。

 

完成

 

編み終わりはカシメなどの金具で留めるか、他の革と接着、縫製をして固定しましょう。

3本編みの方法~平編み~

平編みは編みの中でも基本的な技術の1つです。

ベルトやキーホルダーなど、単一のアイテムに使うのもいいですが、キーケースのベルトなどアイテムの中のワンポイントに編みを加えることで、デザイン的にもオリジナリティーを出すことができます。

網目を綺麗に見せるためには、編み方が緩すぎてもきつすぎてもいけません。
緩すぎると網目が整わず、きつすぎると丸みを帯び全体がゆがんだ感じになってしまいます。

表面の網目が均等になるように、適度な強さで編み進めていきましょう。

 

3本編みの方法

編みの基礎中の基礎。奇数の編みはここが基本になります。
画像はクリックで拡大されますので、必要があれば適宜確認してください。

 

①革を3本並べます

 

②AをBの上に通し右に寄せます

 

③CをAの上に通し左に寄せます

 

④BをCの上に通し右に寄せます

 

⑤AをBの上に通し左に寄せます

 

⑥CをAの上に通し右に寄せます

 

⑦BをCの上に通し左に寄せます。最初と同じ左からA,B,Cの順番になったので、②から⑦までを必要な長さになるまで繰り返します。

 

完成

 

編み終わりはカシメなどの金具で留めるか、他の革と接着、縫製をして固定しましょう。