革の漉き方-レザークラフト基礎

作品を作るうえで厚みを抑えるということは1つのテーマ。

厚みを抑えることで作品そのものの柔軟性、曲げやすさ、使いやすさに大きな影響を与えるからです。

 

革漉きには4種類あり、ベタ漉きを除き自分で実践できる。

ベタ漉きは販売店などで革全体の厚さを調整する漉き方で、これは専用の機械が必要になるため個人では出来ない。

ここでは残る3つの革漉きの方法を紹介していきたいと思います。

 

作品の完成度を高める作業ですが、失敗するとせっかく切り出した革に穴をあけて台無しになってしまうので、革漉きは慎重に、確実に行いましょう。

 

段漉きの方法

段漉きはヘリ返し(革を折り返してコバが見えないようにする方法)で使います。

 

使用するのはガラス板と革包丁。

ガラス板を使用することで、漉くときに革包丁が引っかかることなくスムーズに作業することが出来ます。

 

まずは漉く部分に定規を当て、丸ギリで線を引いておきます。

 

けがいた線の上に革包丁を押し当てます。

POINT:革包丁は斜めになっている面が下に来るように!

 

刃が入ったら革包丁の角度を下げ、左右に動かしながら少しずつ切っていきます。

 

上手に漉けたらこんなゴミがでます。

 

この段階では線の直下は端よりも分厚くなっているため、革包丁を革と並行に押し当て分厚いところを調整していきます。

 

革包丁を斜めにしてバリを取っていきます。

 

完成です。

 

ちなみにスーパースカイバーを使うと雑にはなりますが、めちゃくちゃ早くできます。

 

とりあえずスーパースカイバーだとサッと漉いてこんな感じ。

綺麗にするなら、ここから革包丁で調整します。

 

中漉きの方法

コインケースでも財布でも、折り曲げる部分が出てくると思いますが、折り曲げ部分を漉いておくことで分厚さを抑えられ曲がりやすく仕上げられます。

 

まずは折り曲げる場所に線を引き、その左右にも線を引きます。

 

革包丁なら左右から真ん中に攻めていくんですが、これに関してもスーパースカイバーがかなり楽なのでこちらを紹介。

円柱状の棒に革を乗せスーパースカイバーで漉いていきます。

 

完成。

 

斜め漉き

coming soon…

 

漉きを行う場合ガラス板は必須なので、確実に購入しておきましょう。

 

あとスーパースカイバーは本当に楽なので、レザークラフトを長く楽しむ予定なら買っておいて後悔のない商品です。是非検討してみてください。

光り輝くコバ処理をマスターしよう-レザークラフト基礎

コバを処理することはアイテムの見た目上の完成度を高めるだけでなく、使用するうえでの耐久性の向上につながります。
綺麗に処理されたピカピカのコバは、工業的に作られた製品では見られない、ハンドメイドならでは魅力を醸し出します。
ハンドメイド作品の出来は、このコバ処理が大幅に左右すると言っても過言ではないでしょう。
非常に手間がかかる工程ではありますが、マスターすればアイテムの完成度を大きく高めることができるので是非実践しましょう。

コバを処理する

コバ処理の方法には正解はありません。
自分で実践した中で「良い」と思うものを取り入れて、自分が思う最高のコバ処理が出来るようになるのが一番です。
なのでここで紹介する方法も、これからコバ処理について勉強する方の糧になればと思います。

まず今回するコバ処理で、最終的にこうなるという写真を先に出しておきます。

上から下に向かって処理の工程を増やしたものです。
コバってこんなに変わるんです!
すごくないですか!?

 

それでは実践していきましょうヽ(o゜ω゜o)ノ

 

さて、これが最初の段階のコバです。

裁断しただけなので、コバは荒く、また若干裁断にミスがあった部位は段差ができています。

ここから順番に処理を施していきます。

 

1.ヘリを落としヤスリで断面を整える

 

以下の写真はヤスリで整えた後の写真です。

 

私が使ったやすりは「ドレッサー」と呼ばれるもので、先端が細くなっていて削りやすく、さらにサンドペーパーのような目詰まりも無くかなり長く使えるので、ちまたでも凄く好評な製品です。

価格も安いので、レザークラフトをするなら持っておいて損はないかと思います。

 

2.水で濡らし磨く

床処理剤を使用する前に、まず水で濡らして磨きます。

銀面に水が付着するとシミの原因になるので、はみ出さないように綿棒などで濡らしていきます。

 

磨く時は机や何かしらの角に磨きたいコバの部分を合わせて、表面から45度くらいの角度で磨いていきます。

使用しているのはコーンスリッカーという道具です。

 

表が終わったら裏も同じように磨いていきます。

最初からコバに対して90度で磨いていくと、コバがつぶれすぎて綺麗に丸まったコバが作りにくいです。

まず表と裏から引き締めていきましょう。

 

 

表と裏が終わればコバに対して垂直になるように磨いていきます。

 

水で濡らして磨いただけですが、既にこれだけのツヤは得られます。

 

3.処理剤を使用して磨く

水で濡らすのと工程的に変わらないので途中の写真は割愛しています。

床処理剤のトコノールを綿棒を使ってコバにつけ、半乾きのところで磨きます。

先程よりも滑らかになり、さらなる光沢が得られます。

 

4.コバワックスで磨く

コバワックスまで使えば最強です。

何かしらの金属を熱し、コバワックスに押し付け溶かします。

私は近くにあるので、丸ギリを使っています。

 

 

溶けたらすぐにレザーに塗り付けます。

 

まどろっこしい時は直接レザーワックスを炙り塗り付けます。

 

 

これに熱した金属をサッと当て、革になじませます。

 

こんな感じになります。

 

これを革のハギレでコバを磨きます。

革のハギレや帆布で磨いた方が美しいツヤが得られるので、好んで使っています。

 

この通りツヤッツヤ、ピッカピカの光り輝くコバが完成します。

ここまで来ると強度もなかなかのものになります。

 

5.熱したを当て引き締める

ここまで来るとほぼ自己満足ですが、コバワックスを塗った後に、熱したコテを当てることでコバが引き締められます。

本当にさっと当てるのがコツで、長く当てすぎると革が焦げてザラザラとした感触になってしまいます。

そうなったら台無しですorz

 

あと途中金属を熱しているときに、ロウが炭化して黒くなることがあります。

この状態でコバに当てると、せっかくのコバが汚れてしまうので気を付けてください。

 

全ての処理を終えたコバです。

最後少し汚れが付いてしまいましたが、この輝きこそハンドメイドの勲章ですね。

 

ちなみにロウの種類を変えることで、コバの仕上がりも少し変わってきますよ。

下の画像は蜜蝋で仕上げたものです。

 

個人的にはコバワックスはちょっと硬すぎる印象なので、縫い糸のロウ付けに使っている、蜜蝋がちょうどいい気がします。

 

まとめ

geradeaus流コバ処理工程は
1.ヘリ磨き(オプション)
2.ヤスリかけ
3.水で磨く
4.床処理剤で磨く
5.コバワックス/蜜蝋で磨く
6.熱したコテをさっと当てる

この5段階です。
注意点としては
・強い力で押しつけて磨かないこと(コバがつぶれる)
・水や床処理剤ははみ出さないように塗ること(シミができる)
・熱したコテで仕上げる場合は焦げないように注意すること
こんな感じでしょうか。

色々試して自分に合った最高のコバを手に入れてください!

革を裁断する-レザークラフト基礎

型紙を革に写し終えたら遂に革の裁断です。
一度切ってしまえば最後、取り返しのつかない工程なので慎重に作業を進めていきましょう。

取り扱う革によっては切り方を微妙に変える必要があるので注意しましょう。

革包丁の使い方

革の裁断には革包丁とビニールマットが使われます。

もちろん別たちやカッターナイフでも切ることができますが、ここでは主に革包丁を使用した革の裁断方法について説明します。なお別たちも同じと考えてもらって構いません。

革包丁の持ち方

肘を作業台に置き、革包丁の柄を写真のように握ります。柄の下側を持った方がより安定します。

 

革包丁は片刃になっているため、刃先に傾斜がついています。

革に対して垂直に構えてしまうと、革包丁の傾斜の分だけ革の断面も斜めになってしまいます。

適切な裁断面を得るためには革包丁を少し外側に傾けて、革と刃の傾斜が垂直になるように使用する必要があります。

 

 

 

直線を切る

直線箇所を切るためにはなるべく刃を浮かせずに、全体を使って自分に向かって引くように切ります。

自分に近い方の刃をけがいた線に沿わせるようにしてカットすると上手く切れます。

 

曲線を切る

直線を切る時とは反対に、刃の一部を使うようにカットしていきます。刃を立てることで革への接地面が減るので、より細やかに余計な部分を切ることなく作業できます。

 

角を切る

写真は革包丁を裏面から撮影したものです。

図のような角を切る場合は刃を全て革に設置させ、上から押すように切ります。こうすることで鋭利な角を得ることができます。主に直線の切り終わりで角に差し掛かった場合にこの方法で裁断します。

 

基本的にはこれらの方法で裁断ができます。

ただ柔らかいクロムなめし革を裁断する時は、革自体が柔らかく裁断中にたるんでけがき線を外したり、力を入れて切りすぎると革が引っ張られて伸びたりするので注意が必要です。詳細はそのうちこのページで更新します。

革をけがく-レザークラフト基礎

型紙を革に移していく作業を「けがき」と呼びます。

タンニンなめしの革には丸ギリや鉄筆で、クロムなめしの革には銀ペンを使用してけがいていきます。

基本的には革の銀面に型紙を置きそれをなぞっていくだけの簡単な工程です。

 

パーツの取り方を考える

けがくときには実際に使用するときのことを考え、革の曲がる方向を確認したうえでパーツを取っていきましょう。
タンニンなめしの革には曲がりやすい方向があるため、折り曲げて使う部位に関してはその向きを確認して型紙を置く向きを決定すします。
s-CIMG2271
少し曲げただけだと分かりづらいですが、このくらい曲げるとなんとなく負荷がかかる方向が分かります。

 

革のけがき方

革をけがく際、まず初めにすることはすべてのパーツを革の上に乗せてみることです。

そうすることで実際に使用する革が足りているのかが分かります。余分なスペースがあるともったいないので、なるべくパーツ同士を詰めて並べましょう。直線のパーツならくっつけてしまうこともあります。

 

革が足りることが確認できたらいよいよけがいていきます。空いている方の手で型紙がずれないようにしっかりと押さえます。
この時に手持ちの重しなどを型紙に乗せておくと、型紙の位置が安定するので作業がしやすいです。
私はオールマイティープレートを重しに使用しています。

 

けがく際のコツですが、丸ギリを使用する場合すこし傾けてけがくようにしましょう。

垂直に立ててけがいてしまうと、革に引っかかってうまくけがけなかったり、銀面を傷つけたりしてしまいます。

けがきの線が薄いと裁断の際に切りにくいので革を傷つけないように、且つけがきの線が薄すぎないように革に跡を付けるイメージでけがきを行っていきます。

 

コーナーや曲線のある部位は浮き上がっていることがあるので、しっかりと押さえてけがいていくべきです。そうしないと下の写真のように、けがきの線が型紙の内側へ入り込んでしまい実際の寸法より小さくけがけてしまう可能性があります。

 

この程度跡がついていれば次の工程に進むには十分です。

 

けがきが終了したら次はいよいよ裁断です。

型紙の切り出し-レザークラフト基礎

レザークラフト基礎講座第1弾!

最初なので型紙の切り出し方という基礎中の基礎のところから始めていきたいと思います。

 

レザークラフトでは何を作るにしても型紙は必須です。しかもより完成度の高いアイテムを作ろうとなると、勝負はここから始まってきます。
言ってしまえば図案を切り出すだけの簡単な工程なのですが、ここをしっかりするかしないかで型紙の出来だけではなく、実際に革を使った作品の出来栄えまで影響してきます。
型紙のズレは最終製品のズレ

 

この言葉を意識しながら型紙の切り出しを行っていきましょう。

型紙の貼り付け

自分でオリジナルの図案を作った時、型紙のデータはコピー用紙にプリントアウトされます。その状態で型紙として使用しようとすると、薄すぎて輪郭をけがく際に形が変わってしまいます。そこでコピーした型紙は一度厚紙に貼り付けるという工程をとります。
これは教本などについてきた型紙を使用する際にも同じことが言えます。教本の型紙も薄い紙に印刷されているので、使用する際は厚紙に貼り付けて使用しましょう。

 

それでは使用する道具を準備します。

 

まずはコピーした図案を型紙に貼り付けていきます。

実際はゴムのりを使用するのがいいですが、今回はスティックのりで代用します。

ちなみにゴムのりは300mlで上の商品くらいの価格がします。

なので初心者のかたは無理に買わずスティックのりでいいと思います。

ただ、接着力やノビが格段に違うので継続してレザークラフトをする予定なら持っていてもいいでしょう。

 

 

コピーした図案の裏面全体に糊を塗ったら、厚紙との間に隙間ができないように貼り合わせます。

貼り合わせたらガラス板で圧着していきます。

※力を入れすぎると紙が破れるので注意!

 

それでは切り出していきましょう。

図案の切り出しには主に「別たち」、「カッターナイフ」を使います。

上の写真のように持ち、手前に引くようにして型紙をカットします。

下にはビニール板を敷くようにしましょう。

 

まずは直線の切り方です。

刃をなるべく寝かせるようにして切っていきます。型紙との接地面が大きいほど直線が安定して切れます。

 

以下のように刃を立てた状態で直線を切ろうとすると、安定せず切り口がズレる可能性があるので、直線は極力刃を寝かせるようにします。

 

角まで辿り着いたら刃の後ろ側を使って一旦切り終えます。こうすることで綺麗な角を得ることができます。

※角と刃の後ろ部分をしっかり合わせるようにしましょう

 

次に曲線の切り出し方です

直線の時とは違い刃を立てて切り進めます。カーブの角度がきつくなればなるほど、別たちもたてて切るようにします。ただし、あまりにも刃を立てると線から外れる可能性があるのでほどほどにしましょう。

 

カッターナイフでの切り出しについて

カッターナイフはどう頑張って寝かせても、刃の接地面が極端に少ないため直線の切り出しには向きません。

カッターナイフで直線を切る場合は必ず定規を当てるようにしましょう。

ただ尖っている分、角を切り出すのには向いているので部分的に使うのもありかもしれないです。(私は使っていませんが・・・)

 

 

って、なんだかんだ説明してきたけど・・・

結局ハサミを使ってたりします(笑

 

一応ハサミを使うとギザつくとの理由で推奨はされませんが、刃の長いハサミだと一回で切れる範囲が大きいのでギザつきも抑えられます。

ただ線を外さないよう相当丁寧に切っているので、別たちをで定規使って切った方が早いんだろうなぁとは思ってます。

 

ただハサミだと直角の場所はかなり切りづらいので、基本別たちで切り出しをすることをおススメしておきます。

 

 

 

これで切り出しの完了です。

次は切り出した型紙を使って、革にけがいて裁断をしていきましょう。