レザーの防水性の向上と色落ち防止には何を使うべきか実験!

日ごろ雨でびしょびしょになる仕事をしている友人から

「びしょびしょになっても大丈夫なスマホケースを作ってほしい」

という依頼をもらいました。

びしょびしょになるならそもそもレザーは向かないんじゃないかなと思いながらも、レザーの防水性と色落ち防止に真剣に向き合ってみましたので、その結果を報告します。

防水性アップ&色落ち防止のための実験内容の紹介

まず今回使用したのは
・スコッチガード
・レザーフィックス
・レザーコート

この3つです。
防水性を考えたとき、他にもラッカーやエナメル光沢剤なんかもありますが、光沢が出やすく好みでないので省きました。

オイルレザーなども、そのものが持つ油分で水をはじき、防水性が高いのですが、こちらも今回は割愛です。

またスコッチガードは聞きなれない方が多いと思いますが、これは普通に革靴に使う防水目的の保護材です。

ただ最近スコッチガードレザーなるものの存在と、その高い防水性を知ったので試してみました。

使用したのはこの3本。

仕上げ材としてお馴染みのレザーフィックスとレザーコートと、スコッチガードです。

スコッチガードは本来ヌメ革には使わないでくれとのことですが、ものは試しなので使ってみました。

今回は防水とともに色落ちの実験もするので、染色したものとそうでないものを準備しました。

左上から順に

①スコッチガード

②レザーフィックス

③レザーコート

④染色+スコッチガード

⑤染色+レザーフィックス

⑥染色+レザーコート

⑦染色+レザーフィックス+レザーコート

ちなみに効果を高めるために、各仕上げ材ともに2度重ね塗りをしています。

各仕上げ材を塗り、再び仕上げ材を塗るまで30分間隔を取って塗りました。

レザーの防水性の実験

各サンプルに水滴を2滴垂らして染み込み方の差を比較します。

~垂らして1分ほど~

レザーフィックスを使用したもののみ染み込んでしまっています。

~20分経過~

レザーフィックスは完全に染み込んでしまいました。

レザーコートはヌメ革の方で若干染み込みが進んでいますね。

スコッチガードはさすが、水滴は染み込んでいないように見えます。

~ふき取った後~

どれくらい染み込んだか、わかりやすいように水滴をふき取って比較してみました。

ほぼ上で書いた通りですが、ふき取るときに圧力がかかったせいか、スコッチガードでもヌメ革の方ですこし染み込みが出来ました。

私の重ね塗りに少しムラがあるのか、染色したサンプルの方が、ヌメ革サンプルより染み込みが浅かったです。

ただ防水性の傾向はしっかり見えてますね。

スコッチガード>レザーコート>レザーフィックス

こんな感じじゃないでしょうか。

染色したレザーの色落ちの実験

今度はウェットティッシュでサンプルをこすり、色落ちの度合いを確かめてみます。

各サンプルとも100往復こすってみました。

防水性の高かったスコッチガードも、仕上げ材ではないため色落ちは顕著でした。

レザーフィックスはこちらでもイマイチの結果。私の使いかたが間違ってるのか疑問に思うレベルです。

一方レザーコートは色落ちでも大健闘。100往復ではほぼ色落ちしていないといってもいいかもしれません。

最後にスコッチガードとレザーフィックスの重ね塗りは、塗り重ねた回数が他のものより必然的に2回多くなるため、少しは色落ちも改善したものの、レザーコートに負ける結果でした。

まとめ

防水性は高い方から順に、スコッチガード、レザーコート、レザーフィックス。

色落ちは効果が高い方から順に、レザーコート、スコッチガード・レザーフィックスほぼ同率。

このような結果になりました。

個人的にはレザーフィックスの方を好んで使ってたんですが、単体で仕上げを考えた場合、レザーコートの方が優秀なのかも知れませんね。

またヌメ革には使わないでと書いてあったスコッチガードも、革の硬化とかも含めて大丈夫そうなので、一応使えそうなんじゃないかな。

仕上げ材はまだ他にもあるのと、オイルレザーなどもともとの防水性が高いものもあるので、最強の組み合わせはまだ見つけられるかもしれません。

しかし今回はくしくもサンプルを作っていないレザーコート+スコッチガードが最強かもしれないという感じです。

結局レザーフィックス対レザーコートみたいになってしまったので、今回できなかった組み合わせについては、いつかできたらいいなと思っております。

防水を考えたアイテム設計を考えている方は是非参考にしてください。

トコノール茶色は必要?コバに着色できる?使い道と効果を検証!

手作りアイテムの出来を決めるうえで重要な役割を担うのがコバ。

既製品だと薬品で処理されがちなだけに、ハンドメイドアイテムの価値を決める大きな判断材料となります。
そんなコバを整えるための必須アイテムの一つとして、床処理剤があげられます。
床処理剤は各メーカーから出されていて、有名どころとしてトコノールを思い浮かべる人も多いと思います。

でもそんなトコノールに「茶」や「黒」のカラーバリエーションがあることをご存知ですか?
今回はトコノール(茶)が通常のトコノールとどんな差があるか、どんな時に使ったらいいのかをピックアップします。

トコノールってどんな製品?

定番のトコノール同様に天然ワックスを配合し、コバ・床面の毛羽立ちを押さえ、美しく丈夫に仕上げるための仕上材です。

糊成分により革の毛羽立ちを抑えるだけでなく、ワックスを配合していることにより、糊成分がはがれないように保護し、革の品質をより長期間保つことができます。

と、ここまではレザークラフトをしている人間ならなんとなく知ってる内容かもしれませんが、じゃあ茶色ってどんな時使うのって知ってる人は結構少ないんじゃないでしょうか。

そこで買ってみました、トコノール茶!

 

トコノール 茶の使い方について

使用の仕方的な意味では無色のトコノールと同じですが、知りたいのは色がついていることによって着色の効果がどれ程あるのかということです。
今回はヌメ革と芯通しされた革のコバを磨くことによって効果を確認してみました。
ちなみに芯通しとは染色する際に革の内側(芯)まで染色された革のことを指します。

それではトコノール 茶いざ開封!

写真は少し明るくなってしまいましたが、実物はもう少し暗めな色の印象です。

それではここから無色のトコノールでコバを仕上げた場合と、茶色のトコノールで仕上げた場合を比較します。
ちなみにコバ処理に使用したのは無料型紙&作り方でも紹介しているシステムバインダーです。興味のある方はこちらも是非。

【バイブルサイズ】システムバインダーの作り方&無料型紙【前編】

 

1.トコノール 無色

 

2.トコノール 茶

 

写真のものは上に来ている革がヌメ革、下に来ている方が芯通ししたタンニン鞣し革です。

結果は微妙に色が着きました。縫い合わせてある2つの革の色が違うため、1つの色になればいいなと思い使用してみましたが、そこまでの効果はないようです。

では芯通ししてある革のみに使う場合はどうでしょう?

 

1.トコノール 無色

 

2.トコノール 茶

 

こちらでは無色のものより茶を使用したほうが、より色合いが統一されアイテムが引き締まっているのがわかります。

 

まとめ

以上の検証結果から、コバにトコノール茶を使うならこのようなことが挙げられます。

 

1.色合いの違う2つの革を縫い合わせた場合、それを統一し1色にするほどの着色効果はない

2.ヌメ革に使うと自然な茶色いコバは表現できる

3.トコノールの色と同系統の色で芯通しした革に使うと、よりまとまりが出てアイテムを引き締められる

 

小物などでコバを際立たせるデザインの場合、無色ではなく茶色でコバを仕上げてみるのも1つの手かもしれませんね。

今回はトコノール 黒は使用しませんでしたが、効果のほどについは茶と同程度だと考えます。

コバスーパーなどのコバ処理剤に頼らず、トコノール茶で自然なコバを演出したい方は是非お試しください。

レザー染色用仕上げ剤レザーフィックスとレザーコートの違いを実験

どうもgeradeausです。

一通りの基本的な技術を習得したら次に手を出したいのが染色。
でも染色した後の仕上げ剤っていろいろあってどう違うかわからない!どれを選んだらいいんだろう?
そう思ってました。なら初心者なんだし全部使って試してみるかってことでやってみました。

ということで、今日は前々から気になっていたレザーコートとレザーフィックス、艶消しレザーフィックスとレザーコートマットの違いについて、実際に試してみたのでまとめてみました。

まず革を染める

使用今回はアルコール染料のスピランをアルコール薄め剤で薄めて染色していきます。

 

ちなみに染色には刷毛ではなく布を使用しました。
布を使用する理由としては、刷毛を使用するよりも布を使用した方がムラなく染められるという情報を見たからです。

 

仕上げ剤を塗った後、どれがどれかわかるように床面に印をつけておきます。

1.レザーフィックス

2.艶消しレザーフィックス

3.レザーコート

4.レザーコートマット

 

いざ仕上げ剤の塗り比べ

さてこれが塗った後の写真です。画像はクリックで大きくなります。

画面上にあるのは無処理のものです。
カメラを通すと分かりづらいので、個人的な見解も含めて別々に見ていきましょう。

 

まず艶がある方から。分かりやすいように同じ場所で反射させてみました。

レザーフィックスが一番艶っとしていて、次点でレザーコート、その次に艶消しレザーフィックスが続きます。
一応1つずつ見ていきましょう。

 

レザーフィックス

 

艶消しレザーフィックス

 

レザーコート

艶感では大きな違いはありませんが、より艶を出したい場合はレザーコートよりレザーフィックスを選ぶといいと思います。

 

レザーコートマット

 

驚いたのがレザーコートマット。仕上げ無しのものとほとんど変わりませんでした。染色後に光沢を含めて色を変えたくない場合は、レザーコートマットを選ぶといいかもしれませんね。同じ艶消し系仕上げ材でも、マットさではレザーコートマットに軍配です。

仕上げ材の価格について

効果の違いは分かったけど、それぞれの価格ってどれくらい違うんだろう?って改めて思ったのでアマゾンで売っているだいたいの価格を載せてみました。私は入れ目違いで買ったので価格が比較できなかったんですよね。

アマゾン:410円(楽天:410円)

 

アマゾン:900円(楽天:453円)

 

アマゾン:380円(楽天:432円)

 

アマゾン900円(楽天:432円)

 

安く買う努力をすれば、あんまり変わりないですね。なぜかアマゾンだけ艶消し系が高いのが気になります。

でも商品ランキングだけ見たらレザーコートの方が使われてるのかなと思いました。

 

まとめ

写真が見にくかったと思いますが、お付き合いいただきありがとうございます。

個人的な印象ですが艶がある順に

1、レザーフィックス

2、レザーコート

3、艶消しレザーフィックス

4、レザーコートマット

という結果になりました。

レザーフィックスはよく艶が出ていて、レザーコートと艶消しレザーフィックスは僅差でレザーコートの方が少し艶があるかなという感じでした。

 

レザーコートマットは何も塗っていないのとほとんど変わらない仕上がりになるため、色合いや光沢を変えたくない場合はおススメです。

 

レザーの染色後仕上げ剤には他にも「ラッカー」や「ワックスコート」、「水性ウレタン仕上げ剤」など数多くの種類の仕上げ剤が存在します。

他の仕上げ剤についても手に入り次第実験したいと思います。

ちなみにネット上でよくレザーバインダーを仕上げ用途で使っている人を見ますが、レザーバインダーは下地剤であって仕上剤ではありません。正しい用途としては、染色>レザーバインダー>レザーコートの順で使うようです。
ラッカー系スプレーや塗料を使用した場合、革を曲げるとヒビ割れる可能性があるようですので、そのような時はレザーバインダー塗ったほうがいいようです。(参考:《道具》レザーバインダー、レザーコートって何がどう??

色々試して自分の好みに合った仕上げ剤を選べるようになりましょう!

皮なめしの工場見学in東京~山口産業~

モノづくりはとっても楽しい。

モノづくりの深みにハマると、普段使っている素材のことが気になってきます。

皮はどうやって革になり自分のところまで届いているのか、どんなふうに加工しているのか。

インターネットでももちろん調べることはできますが、やっぱり気になることは足を運び、自分の五感で確認したいですよね。

 

ってことで行ってきました工場見学!

なかなか工場見学が少ないジャンルではありますが、そんな中で良心的にも月に1度定期的に工場見学を開催しているのが、東京は墨田区にある山口産業株式会社さんです。それでは当日の流れに沿って一部始終を余すことなくお伝えします。

 

※サイト更新忘れでデータが消え、画像がなくなってしまいました。申し訳ないですが、文字情報だけの提供となります。いつかもう一度行って写真素材を調達したいです。

 

山口産業ってどんな会社?

さて無事に辿り着きましたので、ここで山口産業がどんな会社なのかについてご説明します。

山口産業は皮から革にする工程、「なめし」やなめした革の染色・仕上げ加工を行っている皮革製造業者です。

皮はそのままでは使えません。皮も生ものですので、何の処理もしないとお肉と同様みるみる腐ってしまいます。

その皮に処理を施すことで「皮から革」にし、生活の中で使えるものにしてくれるのが山口産業なのです。

予備知識ですが英語ではなめすことを「tan」と言うため、なめしを担っている企業のことを通称「タンナー」と呼びます。

取り扱っている革は基本的に豚革ですが、最近ではMATAGIプロジェクトというものを開始し、地方で駆除されてしまったイノシシやシカの皮なめしにも力を入れています。このMATAGIプロジェクトには非常に共感したので、本記事末尾で詳しく説明します。

また代表の山口さんが来場者の写真撮影やメディアへのアップロードに非常に寛容であったこと、墨田区の児童対象で年間に600人もの人数を工場見学に受け入れていることは印象的でした。

この工場見学会は「やさしい革の話」という名前がついているのですが、山口産業自体が「やさしい」印象を受けました。

 

いざ工場見学

無事山口産業に辿り着いた私。

入り口にはこんなものが。なになに・・・。

s-DSCF7871

「ご来場ありがとうございます。開始時刻まで工場前にてお待ち下さい。」

「工場見学パンフレットです。ご自由にお持ちください。」

 

じゃあ遠慮なく頂きましょうとも。

パンフレットはこんな感じ。

s-DSCF7912

 

裏側にはなめしの工程が写真付きで説明されています。

s-DSCF7913

 

そして時間ピッタリに登場されました。このナイスミドルな方が山口産業の代表取締役で本日の案内人、山口明宏さんです。

s-DSCF7905

なめし業者の社長さんってもっとゴツい感じの方をイメージしていましたが、非常に清潔感のあるスマートな方でした。

実際の工場見学に移る前に、現在の山口産業での取り組みや取り扱っている豚革の原料事情などを10分程度説明して頂きました。

その時に教えて頂いたことは

・年間の豚革流通量は約100万枚(原料は全部国産)

・日本での加工は月に3~4万枚程度

・残りの70万枚は海外に皮の状態で出荷され、なめされた後また日本で流通する

・海外での加工地は中国、台湾、韓国フィリピン、スロベニアなど

あとはMATAGIプロジェクトのことについて話されました。

 

それでは工場内へ。

工場見学は基本的に作業が終了した金曜日の15時からのため、実際の作業を見るわけではないです。

工場内の一番入口に近いところに置いてあったのがこのイノシシやシカの皮。

s-DSCF7874

こちらはMATAGIプロジェクトで使用されるものです。地方の猟師さんが一枚一枚手作業で皮から肉を剥ぎ、腐らないように塩漬けして(塩をもみこむ)山口産業に原皮を送ってきます。

写真を撮り忘れましたが、この原皮の横にドラムがあり、そのドラムで大量の水を使い塩や血などの汚れを落としていきます。

 

タンナーでは用途別・工程別にドラムを使い分けています。

s-DSCF7875

これが使用するドラムです。太鼓とも呼ばれます。なんと木製なんです。それどころかこの工場、基本的に木製なんです。これは温度変化を抑制することを目的としています。金属だと冷えすぎてしまい革の品質に影響が出るので、木を使用しているそうです。

 

そういった説明を受けながら次は2階へ。

s-DSCF7876

2階は仕上げ工程が終わった革が干される空間になっていました。

上にかかっているは全て豚革です。この日はたまたま全部黒く染め上げていたようですが、日によってはカラフルな日もあるようです。ちなみにこの黒い豚革は吉田カバンで使われるそうです。

 

上にも豚革、目の前にも豚革。机の上には大きなピッグスキンが広げられています。

s-DSCF7880

この豚革は山口産業独自のなめし方法「ラセッテー(RUSSETY)なめし」によるものです。

なめし材にはミモザアカシアの樹皮から抽出した植物タンニンを使用しており、クロム剤は一切使っていないのにもかかわらず、あたかもクロムでなめしたかのようなしなやかさを持っています。

もともとはクロムなめしもしていたようですが、2015年4月に国産のクロム剤がなくなったことをきっかけに、完全にラセッテーなめしの生産にシフトしたようです。

 

その後別室でパンフレットの表紙にもなっている「レザーサーカス(LEATHER CIRCUS)」というMATAGIプロジェクトに連携した事業のPRビデオを鑑賞しました。その部屋にはMATAGIプロジェクトでなめされた革が飾られていました。その中の1つがこの熊革。

s-DSCF7889

さすがに熊の皮をなめすことになるとは思ってもいなかったようです。

 

そして質疑応答して工場見学は終了。

みなさんの熱心なので1時間だった予定を20分も過ぎてしまいました。

工場見学については以上です。

 

MATAGIプロジェクトについて

今回の工場見学で非常に興味深かったのが、このMATAGIプロジェクト。

地方で駆除されてしまったイノシシやシカなどを革に加工し、産地に返して製品化することで、資源を有効活用し地域の活性化を図ろうというプロジェクトです。

通常駆除されたイノシシやシカはそのまま処分されてしまいます。そうではなくて革にすることで、生きてきたことにしっかり意味を出してあげられる。素晴らしいプロジェクトだと思いました。

 

下の写真は代表の山口さんが首からかけられていたレザーのパスケースです。

s-DSCF7894

これはMATAGIプロジェクトを利用し、岡山県吉備中央町で駆除されたイノシシの革を利用して作られたものです。

とてもかっこいいと思いませんか?

岡山県の法人では、駆除したイノシシの革を利用したブランドとして「KIBINO」というブランドを打ちだしました。どれも素敵な商品ばかりです。

KIBINO

 

イノシシの革はとても独特な雰囲気で、他のどの革よりもワイルドな雰囲気を醸し出します。

上はウリボーの革、下は大人のイノシシの革です。

ウリボー

s-DSCF7881

 

イノシシ(成獣)

s-DSCF7890

硬い毛を支えるため、革も非常にしっかりしています。

駆除した獣をそのまま捨ててしまっている自治体、猟師の皆様、もったいないと思いませんか?

是非こういったプロジェクトを活用してみてはいかがでしょうか。

詳細は山口産業のホームページに乗っています。

MATAGIプロジェクトのご紹介

 

まとめ

なめしの勉強のためにと行った工場見学でしたが、いろんなことを勉強させていただきました。現在の豚革の原材料事情、なめし業者を取り巻く業界事情、MATAGIプロジェクトを始めとする環境への取り組みなど、本当に行ってよかったなと思いました。

開催がだいたい3、4週目の金曜日ですので会社員の方は休みを取らないと行けませんが、興味のある方は是非足を運んでみるといいと思います。自分の目で見て、耳で聞いて、鼻で感じ取った現場の雰囲気はきっと忘れられない思い出になることでしょう。

見学先情報

  • 山口産業株式会社
  • 〒131-0042
  • 東京都墨田区東墨田3丁目11番10号
  • TEL:03-3617-3868
  • ホームページ:http://e-kawa.jp/