型紙配布中の作品集

現在型紙配布中の作品を紹介します。
サイト内の色んな所に転がっていると分かりにくいかと思いますので、型紙を配布しているものに関してはここに画像付きで載せておきます。
画像をクリックするとそのまま作り方ページにリンクしますので、気になるものがあればクリックしてみてください。

型紙配布中の作品集

まだまだ少ないので随時更新していきますよーヽ(o゜ω゜o)ノ

そのうちいっぱいになるといいなー。

 

 

 

マジック3つ編みの方法~平編み~

髪の3つ編みでも革の3つ編みでも、端は別れているのが通常ですが、マジック3つ編みは両方が閉じられているという状況で編んでいきます。両方閉じられているのに編めるなんて驚きですよね。

編みはベルトやキーホルダーなど、単一のアイテムに使うのもいいですが、キーケースのベルトなどアイテムの中のワンポイントに編みを加えることで、デザイン的にもオリジナリティーを出すことができます。

網目を綺麗に見せるためには、編み方が緩すぎてもきつすぎてもいけません。
緩すぎると網目が整わず、きつすぎると丸みを帯び全体がゆがんだ感じになってしまいます。

表面の網目が均等になるように、適度な強さで編み進めていきましょう。

 

マジック3つ編みの方法

マジック編みでは通常の編みではしない工程を踏みます。

とはいっても難しくはないので、しっかり覚えていきましょう。

画像はクリックで大きくなりますので、必要に応じて確認してください。

 

①2本切れ込みを入れた革を用意し、左に2本右に1本の状態にします

(今回は分かりやすさのため色分けしたレザーをテープで留めています)

 

②AをBの上に通し右に寄せます

 

 

③CをAの上に通し左に寄せます

 

④BをCの上に通し右に寄せ、BとCの間に隙間を作っておきます

 

 

⑤BとCの隙間に革の下端を表からくぐらせます

 

 

⑥革を両端から引っ張ります

 

 

⑦下側のBとCの間に隙間を作ります

 

 

⑧BとCの隙間に革の下端を表からくぐらせます

 

通したらこのような形になります。

 

⑨隙間を詰め、②から⑧の手順を繰り返します

 

⑩編み目の間隔を整え完成です

 

マジック編みは最初から革の長さが決まっているのと、一順の工程が決まっているので求める編み目の間隔になりづらいというデメリットもあります。ただそれを差し引いても非常に価値のある技術だと思うので、是非使ってみましょう。

4本編みの方法~平編み~

平編みは編みの中でも基本的な技術の1つです。

ベルトやキーホルダーなど、単一のアイテムに使うのもいいですが、キーケースのベルトなどアイテムの中のワンポイントに編みを加えることで、デザイン的にもオリジナリティーを出すことができます。

網目を綺麗に見せるためには、編み方が緩すぎてもきつすぎてもいけません。
緩すぎると網目が整わず、きつすぎると丸みを帯び全体がゆがんだ感じになってしまいます。

表面の網目が均等になるように、適度な強さで編み進めていきましょう。

 

4本編みの方法

偶数の平編みは奇数の平編みとは方法が異なります。
偶数編みの中でも最も本数の少ない4本編みで基礎を身に付けましょう。
画像はクリックで拡大されますので、必要があれば適宜確認してください。
また矢印で上に通すか下に通すかガイドしているので参考にしてください。

 

①革を4本隙間なく並べます

 

②CをBの上に通し左に寄せます

 

 

③AをCの上に通し右に寄せます

 

 

④DをBの下、Aの上に通し左に寄せます

 

 

 

⑤CをDの上に通し右に寄せます

 

 

⑥BをAの下、Cの上に通し左に寄せます

 

 

⑦DをBの上に通し右に寄せます

 

 

 

⑧AをCの下、Dの上に通し左に寄せます。

このように右側の3本の一番外側の革を1つ内隣りの革の下に、2つ内隣りの革の上に通し左に寄せます。その後2本になった左側の外側の革を、1つ内隣りの革の上を通します。これを必要な長さになるまで繰り返します。

 

完成

 

 

編み終わりはカシメなどの金具で留めるか、他の革と接着、縫製をして固定しましょう。

5本編みの方法~平編み~

平編みは編みの中でも基本的な技術の1つです。

ベルトやキーホルダーなど、単一のアイテムに使うのもいいですが、キーケースのベルトなどアイテムの中のワンポイントに編みを加えることで、デザイン的にもオリジナリティーを出すことができます。

網目を綺麗に見せるためには、編み方が緩すぎてもきつすぎてもいけません。
緩すぎると網目が整わず、きつすぎると丸みを帯び全体がゆがんだ感じになってしまいます。

表面の網目が均等になるように、適度な強さで編み進めていきましょう。

 

5本編みの方法

3本編みから2本増えただけで基本的なところは変わりません。

画像はクリックで拡大されますので、必要があれば適宜確認してください。

 

①革を5本並べ、左に2つ、右に3つに分けます

 

②BをCの上に通し右に寄せます

 

③DをBの上に通し左に寄せます

 

④AをC・Dの上に通し右に寄せます

 

⑤EをA・Bの上に通し左に寄せます

 

⑥CをD・Eの上に通し右に寄せます

 

⑦BをC・Aの上に通し右に寄せます

 

⑧DをE・Bの上に通し右に寄せます

 

⑨AをD・Cの上に通し右に寄せます。このような手順で革ひもが3本ある方の一番外側のひもを隣の2本の革ひもの上を通し、逆側の2本の革ひもの内側に寄せます。これを目的の長さになるまで繰り返します。

 

こんな風に少しテンションを掛けながら編むとやりやすいです。

 

完成

 

編み終わりはカシメなどの金具で留めるか、他の革と接着、縫製をして固定しましょう。

3本編みの方法~平編み~

平編みは編みの中でも基本的な技術の1つです。

ベルトやキーホルダーなど、単一のアイテムに使うのもいいですが、キーケースのベルトなどアイテムの中のワンポイントに編みを加えることで、デザイン的にもオリジナリティーを出すことができます。

網目を綺麗に見せるためには、編み方が緩すぎてもきつすぎてもいけません。
緩すぎると網目が整わず、きつすぎると丸みを帯び全体がゆがんだ感じになってしまいます。

表面の網目が均等になるように、適度な強さで編み進めていきましょう。

 

3本編みの方法

編みの基礎中の基礎。奇数の編みはここが基本になります。
画像はクリックで拡大されますので、必要があれば適宜確認してください。

 

①革を3本並べます

 

②AをBの上に通し右に寄せます

 

③CをAの上に通し左に寄せます

 

④BをCの上に通し右に寄せます

 

⑤AをBの上に通し左に寄せます

 

⑥CをAの上に通し右に寄せます

 

⑦BをCの上に通し左に寄せます。最初と同じ左からA,B,Cの順番になったので、②から⑦までを必要な長さになるまで繰り返します。

 

完成

 

編み終わりはカシメなどの金具で留めるか、他の革と接着、縫製をして固定しましょう。

【レザーブランド紹介】KIBINO~岡山県のレザー~

レザーブランド紹介第二回目の今回は、地域のレザーブランド「KIBINO」を紹介します。

最近行った山口産業さんの工場見学で知ったブランドなのですが、ブランドとしてのあり方に非常に感銘を受けたので紹介します。

KIBINOの特徴

イノシシ革を使用

KIBINOでは岡山県吉備中央町で捕獲したイノシシを材料として使用しています。
田舎では農作物を荒らす有害獣として農家の方を悩ませるイノシシ。

もちろん放っておくと増える一方なので、農家の方が対策をしたり猟師の方が駆除したりされています。
駆除されたイノシシは猟師の方やその知人に食料として食べられてきましたが、皮はというと廃棄されていました。

その廃棄されていた皮を資源として有効活用し、バッグやアクセサリー、文房具などの皮革製品に生まれ変わらせる、それがこの「KIBINO」というブランドです。

 

イノシシ革の魅力

豚革を思わせる∴模様は、かつて体を守るため硬く雄々しい毛が生えていたことを主張し、
表面にできた傷は生前に悠々と野山を走り回っていた時のワイルドさを物語ります。

自然に生きるイノシシらしく、その革は摩擦に強く非常に丈夫です。

画像Clickで拡大できます。イノシシ革の特徴がよくわかりますよ。

 

軽くて通気性も良いのでスリッパとしても適した素材です。

写真は室内履き用のスリッパです。

 

ネットショップだけでなく以下の場所で実物の販売も行っているようです。

・岡山県総合福祉・ボランティア・NPO会館内 1階 「セルプおかやま」

岡山空港 待合ロビー

きびプラザ内

晴れの国おかやま館

※定休日にご注意ください

 

障がい者支援の一環として

これらの製品を実際に作っているのは実は体に障がいを持った方々なのです。

販売や商品の開発は「セルプセンター」という特定非営利活動法人岡山県社会就労センター協議会の一部門が請け負っているのですが、製品の製造に関しては岡山県内にある障がい者自立支援団体に所属する障がい者の方が行っています。

障がい者の方が製品作りに携わることで自立支援、社会参加の支援を目的としています。

捨てられてしまう命を有効活用することで、障がい者の方にも仕事をしてもらえる素晴らしい循環です。

以下のものもそうやって作られた製品の一例です。

 

品薄状態になるほど人気のトートバッグ

デザインや手触りの良さを気に入って購入する方が多いそうです。

 

MATAGIプロジェクトについて

こういった取り組みを可能にしているのが山口産業さんが行っている「MATAGIプロジェクト」です。

このプロジェクトが無ければ何も始まらなかったことでしょう。

 

「MATAGIプロジェクト」とは

シカやイノシシの獣皮を有効資源化し、産地活性に繋げる事業がMATAGIプロジェクトです。獣皮活用をサポートするNPO・学校・なめし工場等のメンバーを中心に2013年4月より実行委員会として組織化し、2015年4月現在、全国90以上の産地や団体を支援しています

山口産業株式会社ホームページより

 

山口産業は豚革をなめすタンナーとして日本の皮革産業に貢献しています。

ある時地域から廃棄になる獣の皮をなんとかしたいと相談を受けたのをキッカケに、2008年から獣皮のなめし支援を開始しました。

しかし鞣し以外の加工前の情報提供や製品化、販売は山口産業だけではできません。

そこで立ち上がったのが産地、なめし工場、地域支援に関わる人をネットワークで繋げる「MATAGIプロジェクト」です。

山口産業様工場見学記事はこちら→皮なめしの工場見学in東京~山口産業~

 

まとめ

みんなが知っている有名ブランドではないけど、ストーリーだけならどこにも負けないものがあると思います。

まさに地域の活性化につながるブランドですね。

各自治体がPRのためにこぞってゆるキャラを生み出す世の中ですが、新しい地域の差別化PRとしてこういう取り組みが増えていけばいいなぁなんて思ったりします。

他にもこういうブランドがあるというのをご存じの方がいらっしゃいましたら教えて頂きたいです。

 

将来私も是非こういう活動をしてみようと心に誓うのでした。

カードも入るコインケースの作り方&無料型紙

作り方講座第二弾ヽ(o゜ω゜o)ノ

第二弾はカードも入るコインケースの作り方を公開します!
二回目の今回は端を折り返すことによって、コバを見せずにまるで市販品のように仕上げる方法をお教えします。

綺麗に処理されたコバはそれだけで価値があるほど、レザー好きにとっては美しく価値があります。
だからこそハンドメイド作品なんかで全く処理されていないコバや未処理でむき出し床面を見たときにガッカリってこともよくあります。
なら隠しちゃえば問題なし!ってことで始めていきましょう。

 

カードも入るコインケースの無料型紙

それでは製作に移る前に、以下のリンクをクリックして型紙を保存してください。

Click! → カードも入るコインケース(pdfファイル)
(別タブで開きます)

※A4サイズで印刷してください。

型紙の準備はできましたか?
それではさっそく作っていきましょう。ざっくりと手順だけを説明していきますので、作り方がわからない場合は基礎技法のページで、各技法について勉強してください。

それではレッツトライヽ(o゜ω゜o)ノ

 

カードも入るコインケースの作り方

パーツを切り出す

まずは型紙を印刷して各パーツを切り出していきます。

 

型紙にけがいていく際に、金具を付けるための目印に穴を開けるのをお忘れなく!

ちなみに金具を表面に見せない仕上げにする方は、表面パーツのふた部分には穴を開けないようにしましょう。

 

 

さてパーツの切り出しが完了しました。好みによって色を変えてみるのもいいですね。

 

マチにクセを付ける

コインケースが出来上がった時にマチパーツが反発してこないように、あらかじめマチにクセを付けておきます。

革を完全に水に濡らします。

 

床面が外側になるように、半分に折り曲げてクリップで固定します。

この時に気を付けたいのは折り曲げる方向と、クリップで挟む時にいらない革か何かを挟むということです。

直に革を挟んだ場合、クリップの跡が残ってしまいます。

 

革を漉く

コバを見せないようにするには、型を少し大きくし内側に折り曲げることでその目的が達成されます。
折り曲げる部分の革が分厚いと、狙い通りに折り曲がらないため出来るだけ漉いておきます。

ちなみに型紙の出っ張り部分が折り曲げる部分です。ここを漉いていきます。

 

ついでに折り曲げる部分全てを漉いてみました。

 

床面の処理

処理していない床面は安っぽさをかもし出します。しっかり磨いて艶を出しましょう。

ツイッターでフォローしている方がスティック糊の容器に床処理剤を入れて使うというアイデアを載せられていたので便乗してみました。

普段は床処理剤に指を突っ込み革にまんべんなく塗り広げているのですが、これ超使いやすい!採用です。

 

仕上げにガラス板で磨いていきます。

 

金具を取り付ける

けがく時に付けた印を頼りにハトメ抜きで穴を開けます。

 

打ち具を使用しバネホックを取り付けました。

 

パーツを貼り合わせる

各パーツを貼り合わせていきます。

まずは内側パーツの作成から。写真のパーツの下部分にのみ糊を付けていきます。

 

貼り合わせるとこんな感じです。ちょうど内側パーツの凹んだ部分に手前のパーツがかみ合うようになります。

 

縫い合わせて完全に固定します。

 

そうしたら全てのパーツを貼り付けていきます。

まずはマチ部分を先程作った内側パーツに貼り付けます。

 

内側パーツの貼り合わせが終わったら、外側のパーツも貼り付けていきます。

折り返し部分にボンドを塗って、内側パーツに覆うように貼り合わせます。

 

マチの下部分が貼り合わせにくいので、必要に応じて適当に切れ込みを入れながら貼り合わせると上手くいきます。

 

 

 

全て張り合わせると完成形が見えてきます。

 

縫い合わせる

ディバイダーで端に目印の線を引きます。少しやりずらいですが曲がらないように注意しながら引きます。

やりづらいので、ここは他の方法があるかもしれませんね。

 

マチ部分にゴム板を敷き、菱目打ちを使って縫い穴を開けていきます。

場所によっては菱目打ちで表面だけ穴をあけて、その後丸ギリで貫通させたりもしました。

 

 

全てに穴を開け終えたら縫い合わせます。

 

コバの処理

最後にフタ部分のコバの処理を行います。

やすりで削り、水で少し湿らせてからプレスリッカーでこすり、さらにトコノールを付けてこすり、ロウもつけてこすってみました。

コバ処理は納得できる範囲ですればいいと思います。

 

完成

完成です。

ちなみにページ先頭のアイキャッチ画像のように、金具の取り付け場所を変えるだけでボタンを見せないということも可能です。

 

狙い通りコバを覆うことによって、市販品のような見栄えです。

s-CIMG2263

 

 

中身はこんな感じに仕上がりました。

s-CIMG2265

 

一番手前から、レシート、カード、小銭、お札、このように使ってみるのはいかがでしょうか?

s-CIMG2270

 

といった具合に写真多めでお届けしました。

皆さんも是非オリジナルカラーでこのコインケースを作ってみてくださいヽ(o゜ω゜o)ノ

 

革を裁断する-レザークラフト基礎

型紙を革に写し終えたら遂に革の裁断です。
一度切ってしまえば最後、取り返しのつかない工程なので慎重に作業を進めていきましょう。

取り扱う革によっては切り方を微妙に変える必要があるので注意しましょう。

革包丁の使い方

革の裁断には革包丁とビニールマットが使われます。

もちろん別たちやカッターナイフでも切ることができますが、ここでは主に革包丁を使用した革の裁断方法について説明します。なお別たちも同じと考えてもらって構いません。

革包丁の持ち方

肘を作業台に置き、革包丁の柄を写真のように握ります。柄の下側を持った方がより安定します。

 

革包丁は片刃になっているため、刃先に傾斜がついています。

革に対して垂直に構えてしまうと、革包丁の傾斜の分だけ革の断面も斜めになってしまいます。

適切な裁断面を得るためには革包丁を少し外側に傾けて、革と刃の傾斜が垂直になるように使用する必要があります。

 

 

 

直線を切る

直線箇所を切るためにはなるべく刃を浮かせずに、全体を使って自分に向かって引くように切ります。

自分に近い方の刃をけがいた線に沿わせるようにしてカットすると上手く切れます。

 

曲線を切る

直線を切る時とは反対に、刃の一部を使うようにカットしていきます。刃を立てることで革への接地面が減るので、より細やかに余計な部分を切ることなく作業できます。

 

角を切る

写真は革包丁を裏面から撮影したものです。

図のような角を切る場合は刃を全て革に設置させ、上から押すように切ります。こうすることで鋭利な角を得ることができます。主に直線の切り終わりで角に差し掛かった場合にこの方法で裁断します。

 

基本的にはこれらの方法で裁断ができます。

ただ柔らかいクロムなめし革を裁断する時は、革自体が柔らかく裁断中にたるんでけがき線を外したり、力を入れて切りすぎると革が引っ張られて伸びたりするので注意が必要です。詳細はそのうちこのページで更新します。

革をけがく-レザークラフト基礎

型紙を革に移していく作業を「けがき」と呼びます。

タンニンなめしの革には丸ギリや鉄筆で、クロムなめしの革には銀ペンを使用してけがいていきます。

基本的には革の銀面に型紙を置きそれをなぞっていくだけの簡単な工程です。

 

パーツの取り方を考える

けがくときには実際に使用するときのことを考え、革の曲がる方向を確認したうえでパーツを取っていきましょう。
タンニンなめしの革には曲がりやすい方向があるため、折り曲げて使う部位に関してはその向きを確認して型紙を置く向きを決定すします。
s-CIMG2271
少し曲げただけだと分かりづらいですが、このくらい曲げるとなんとなく負荷がかかる方向が分かります。

 

革のけがき方

革をけがく際、まず初めにすることはすべてのパーツを革の上に乗せてみることです。

そうすることで実際に使用する革が足りているのかが分かります。余分なスペースがあるともったいないので、なるべくパーツ同士を詰めて並べましょう。直線のパーツならくっつけてしまうこともあります。

 

革が足りることが確認できたらいよいよけがいていきます。空いている方の手で型紙がずれないようにしっかりと押さえます。
この時に手持ちの重しなどを型紙に乗せておくと、型紙の位置が安定するので作業がしやすいです。
私はオールマイティープレートを重しに使用しています。

 

けがく際のコツですが、丸ギリを使用する場合すこし傾けてけがくようにしましょう。

垂直に立ててけがいてしまうと、革に引っかかってうまくけがけなかったり、銀面を傷つけたりしてしまいます。

けがきの線が薄いと裁断の際に切りにくいので革を傷つけないように、且つけがきの線が薄すぎないように革に跡を付けるイメージでけがきを行っていきます。

 

コーナーや曲線のある部位は浮き上がっていることがあるので、しっかりと押さえてけがいていくべきです。そうしないと下の写真のように、けがきの線が型紙の内側へ入り込んでしまい実際の寸法より小さくけがけてしまう可能性があります。

 

この程度跡がついていれば次の工程に進むには十分です。

 

けがきが終了したら次はいよいよ裁断です。

レザー染色用仕上げ剤レザーフィックスとレザーコートの違いを実験

どうもgeradeausです。

一通りの基本的な技術を習得したら次に手を出したいのが染色。
でも染色した後の仕上げ剤っていろいろあってどう違うかわからない!どれを選んだらいいんだろう?
そう思ってました。なら初心者なんだし全部使って試してみるかってことでやってみました。

ということで、今日は前々から気になっていたレザーコートとレザーフィックス、艶消しレザーフィックスとレザーコートマットの違いについて、実際に試してみたのでまとめてみました。

まず革を染める

使用今回はアルコール染料のスピランをアルコール薄め剤で薄めて染色していきます。

 

ちなみに染色には刷毛ではなく布を使用しました。
布を使用する理由としては、刷毛を使用するよりも布を使用した方がムラなく染められるという情報を見たからです。

 

仕上げ剤を塗った後、どれがどれかわかるように床面に印をつけておきます。

1.レザーフィックス

2.艶消しレザーフィックス

3.レザーコート

4.レザーコートマット

 

いざ仕上げ剤の塗り比べ

さてこれが塗った後の写真です。画像はクリックで大きくなります。

画面上にあるのは無処理のものです。
カメラを通すと分かりづらいので、個人的な見解も含めて別々に見ていきましょう。

 

まず艶がある方から。分かりやすいように同じ場所で反射させてみました。

レザーフィックスが一番艶っとしていて、次点でレザーコート、その次に艶消しレザーフィックスが続きます。
一応1つずつ見ていきましょう。

 

レザーフィックス

 

艶消しレザーフィックス

 

レザーコート

艶感では大きな違いはありませんが、より艶を出したい場合はレザーコートよりレザーフィックスを選ぶといいと思います。

 

レザーコートマット

 

驚いたのがレザーコートマット。仕上げ無しのものとほとんど変わりませんでした。染色後に光沢を含めて色を変えたくない場合は、レザーコートマットを選ぶといいかもしれませんね。同じ艶消し系仕上げ材でも、マットさではレザーコートマットに軍配です。

仕上げ材の価格について

効果の違いは分かったけど、それぞれの価格ってどれくらい違うんだろう?って改めて思ったのでアマゾンで売っているだいたいの価格を載せてみました。私は入れ目違いで買ったので価格が比較できなかったんですよね。

アマゾン:410円(楽天:410円)

 

アマゾン:900円(楽天:453円)

 

アマゾン:380円(楽天:432円)

 

アマゾン900円(楽天:432円)

 

安く買う努力をすれば、あんまり変わりないですね。なぜかアマゾンだけ艶消し系が高いのが気になります。

でも商品ランキングだけ見たらレザーコートの方が使われてるのかなと思いました。

 

まとめ

写真が見にくかったと思いますが、お付き合いいただきありがとうございます。

個人的な印象ですが艶がある順に

1、レザーフィックス

2、レザーコート

3、艶消しレザーフィックス

4、レザーコートマット

という結果になりました。

レザーフィックスはよく艶が出ていて、レザーコートと艶消しレザーフィックスは僅差でレザーコートの方が少し艶があるかなという感じでした。

 

レザーコートマットは何も塗っていないのとほとんど変わらない仕上がりになるため、色合いや光沢を変えたくない場合はおススメです。

 

レザーの染色後仕上げ剤には他にも「ラッカー」や「ワックスコート」、「水性ウレタン仕上げ剤」など数多くの種類の仕上げ剤が存在します。

他の仕上げ剤についても手に入り次第実験したいと思います。

ちなみにネット上でよくレザーバインダーを仕上げ用途で使っている人を見ますが、レザーバインダーは下地剤であって仕上剤ではありません。正しい用途としては、染色>レザーバインダー>レザーコートの順で使うようです。
ラッカー系スプレーや塗料を使用した場合、革を曲げるとヒビ割れる可能性があるようですので、そのような時はレザーバインダー塗ったほうがいいようです。(参考:《道具》レザーバインダー、レザーコートって何がどう??

色々試して自分の好みに合った仕上げ剤を選べるようになりましょう!