アルコール染料「スピラン」を使ってレザーを染色する

レザーアイテムを作る時、必ずしも自分が欲しい色の革があるとは限りません。
そんな時ヌメ革を自分で染色する必要が出てきます。
染色することでレザーに豊かな風合いと独自性を与えることが可能です。

今回はアルコール染料の「スピラン」を使用し、画像を用いて染色について解説していきます。

スピランを使用した染色方法

今回使用するのはレザーの染色液として一般的なSEIWA「スピラン」を使用します。

SEIWA ローパススピラン

刷毛で染める方法が主流ですが、モノづくりに正解は無いので、私が行っている布を使った方法で解説します。
ちなみに布は古着とか、使わなくなった布で十分です。
以下に刷毛を使用した方法と布を使用した場合のメリット・デメリットをまとめてみました。
個人的な印象もあるので、是非やって確かめることをお勧めします。

 

布の場合
メリット:ムラになりにくい。染色終了後に使い捨てるので洗う必要がない。
デメリット:必要以上に染色液を吸い込むため、刷毛よりも染色液が必要になる。細かい部分の染色には向かない

 

刷毛の場合
メリット:染色液が無駄になりにくい。刷毛のサイズ次第で細かい場所でも染色が可能
デメリット:布よりもムラができやすい。色ごとに刷毛を分けると、多くの刷毛が必要。

 

それでは染色方法です。
まずはヌメ革を用意します。レザーの染色にはオイルドレザーは向かないので、特に加工されていないシンプルなヌメ革を用意しましょう。

 

最初にして最重要ポイント!
革に染色する前に、革を水で濡らします。布、もしくはスポンジに水を含ませ、革を湿らせていきます
水で湿らせることにより、染料が一気に入りすぎてムラになるのを防ぐことができます。
革の床面まで水が染み込んでいくくらいまでは水で濡らします。

 

画像下の革が水で湿らせたものです。最低でもこのくらいは濡らした方が良いです。

 

さて、ここから染色に移ります。
小鉢に染料を出し、布に染み込ませます。染色するときは下に汚れてもいいものを敷きましょう。
アルコール染料は蒸発しやすく、もたもたしているとみるみる無くなっていくので、小鉢には適宜使用する分のみ出します。

 

染色は原液を薄め、何度か塗り重ねた方がムラができにくいです。

薄めるのは水や薄め剤を使用します。

とはいいつつも、今回はスピランを原液で使用しました。

Point-布で染色する時は円を描きながら、刷り込むように染めていきます

Point2-染料が少なくなり、かすれるようになるとムラが出来ます

 

下の画像が1度染めたものです。ここから本来なら乾いては染めてを繰り返していきます。
アルコール系染料であれば、布で染色したらかなり短時間で乾燥します。

好みの色になるまで染色を繰り返します。

濡れていると濃く見えるので、乾くと薄くなることを念頭に入れておいてください。

 

好みの色まで持っていったら、いよいよ最後の仕上げ工程です。
仕上げ剤には色止めと耐久性の付与の効果があります。
これをしないと擦れた箇所がすぐに色落ち、色移りしてきます。

 

ちなみに今回はレザーフィックスを使用しました。

仕上げ剤は革が完全に乾いてから、表面に薄く塗っていきます。

仕上げ剤についての差を知りたい方はこちらもどうぞ。

 

これで完成です。

 

ちなみに染色は革の端の方を使うと繊維が均一ではなく、どう頑張って染めてもムラになりやすいです。

同じ方法で染めましたが、上部真ん中、上部右は大きくムラが出ています。

上部左くらい濃い色にすると目立ちにくいですね。

 

要点のまとめ

画像を使用して説明してきましたが、お分かりになりましたでしょうか。
今回の要点を簡単にまとめておきます。

1.染色前に革を濡らす。
2.染色は少し染色液を希釈し、染める回数を増やすとムラになりにくい

これさえ押さえておけば十分納得いく染色が出来ると思います。

最初の内は敬遠しがちの染色ですが、やってみると結構簡単ですので、気軽に始めてみてはいかがでしょう。

きっと色の虜になりますよ。

マジック3つ編みの方法~平編み~

髪の3つ編みでも革の3つ編みでも、端は別れているのが通常ですが、マジック3つ編みは両方が閉じられているという状況で編んでいきます。両方閉じられているのに編めるなんて驚きですよね。

編みはベルトやキーホルダーなど、単一のアイテムに使うのもいいですが、キーケースのベルトなどアイテムの中のワンポイントに編みを加えることで、デザイン的にもオリジナリティーを出すことができます。

網目を綺麗に見せるためには、編み方が緩すぎてもきつすぎてもいけません。
緩すぎると網目が整わず、きつすぎると丸みを帯び全体がゆがんだ感じになってしまいます。

表面の網目が均等になるように、適度な強さで編み進めていきましょう。

 

マジック3つ編みの方法

マジック編みでは通常の編みではしない工程を踏みます。

とはいっても難しくはないので、しっかり覚えていきましょう。

画像はクリックで大きくなりますので、必要に応じて確認してください。

 

①2本切れ込みを入れた革を用意し、左に2本右に1本の状態にします

(今回は分かりやすさのため色分けしたレザーをテープで留めています)

 

②AをBの上に通し右に寄せます

 

 

③CをAの上に通し左に寄せます

 

④BをCの上に通し右に寄せ、BとCの間に隙間を作っておきます

 

 

⑤BとCの隙間に革の下端を表からくぐらせます

 

 

⑥革を両端から引っ張ります

 

 

⑦下側のBとCの間に隙間を作ります

 

 

⑧BとCの隙間に革の下端を表からくぐらせます

 

通したらこのような形になります。

 

⑨隙間を詰め、②から⑧の手順を繰り返します

 

⑩編み目の間隔を整え完成です

 

マジック編みは最初から革の長さが決まっているのと、一順の工程が決まっているので求める編み目の間隔になりづらいというデメリットもあります。ただそれを差し引いても非常に価値のある技術だと思うので、是非使ってみましょう。

4本編みの方法~平編み~

平編みは編みの中でも基本的な技術の1つです。

ベルトやキーホルダーなど、単一のアイテムに使うのもいいですが、キーケースのベルトなどアイテムの中のワンポイントに編みを加えることで、デザイン的にもオリジナリティーを出すことができます。

網目を綺麗に見せるためには、編み方が緩すぎてもきつすぎてもいけません。
緩すぎると網目が整わず、きつすぎると丸みを帯び全体がゆがんだ感じになってしまいます。

表面の網目が均等になるように、適度な強さで編み進めていきましょう。

 

4本編みの方法

偶数の平編みは奇数の平編みとは方法が異なります。
偶数編みの中でも最も本数の少ない4本編みで基礎を身に付けましょう。
画像はクリックで拡大されますので、必要があれば適宜確認してください。
また矢印で上に通すか下に通すかガイドしているので参考にしてください。

 

①革を4本隙間なく並べます

 

②CをBの上に通し左に寄せます

 

 

③AをCの上に通し右に寄せます

 

 

④DをBの下、Aの上に通し左に寄せます

 

 

 

⑤CをDの上に通し右に寄せます

 

 

⑥BをAの下、Cの上に通し左に寄せます

 

 

⑦DをBの上に通し右に寄せます

 

 

 

⑧AをCの下、Dの上に通し左に寄せます。

このように右側の3本の一番外側の革を1つ内隣りの革の下に、2つ内隣りの革の上に通し左に寄せます。その後2本になった左側の外側の革を、1つ内隣りの革の上を通します。これを必要な長さになるまで繰り返します。

 

完成

 

 

編み終わりはカシメなどの金具で留めるか、他の革と接着、縫製をして固定しましょう。

5本編みの方法~平編み~

平編みは編みの中でも基本的な技術の1つです。

ベルトやキーホルダーなど、単一のアイテムに使うのもいいですが、キーケースのベルトなどアイテムの中のワンポイントに編みを加えることで、デザイン的にもオリジナリティーを出すことができます。

網目を綺麗に見せるためには、編み方が緩すぎてもきつすぎてもいけません。
緩すぎると網目が整わず、きつすぎると丸みを帯び全体がゆがんだ感じになってしまいます。

表面の網目が均等になるように、適度な強さで編み進めていきましょう。

 

5本編みの方法

3本編みから2本増えただけで基本的なところは変わりません。

画像はクリックで拡大されますので、必要があれば適宜確認してください。

 

①革を5本並べ、左に2つ、右に3つに分けます

 

②BをCの上に通し右に寄せます

 

③DをBの上に通し左に寄せます

 

④AをC・Dの上に通し右に寄せます

 

⑤EをA・Bの上に通し左に寄せます

 

⑥CをD・Eの上に通し右に寄せます

 

⑦BをC・Aの上に通し右に寄せます

 

⑧DをE・Bの上に通し右に寄せます

 

⑨AをD・Cの上に通し右に寄せます。このような手順で革ひもが3本ある方の一番外側のひもを隣の2本の革ひもの上を通し、逆側の2本の革ひもの内側に寄せます。これを目的の長さになるまで繰り返します。

 

こんな風に少しテンションを掛けながら編むとやりやすいです。

 

完成

 

編み終わりはカシメなどの金具で留めるか、他の革と接着、縫製をして固定しましょう。

3本編みの方法~平編み~

平編みは編みの中でも基本的な技術の1つです。

ベルトやキーホルダーなど、単一のアイテムに使うのもいいですが、キーケースのベルトなどアイテムの中のワンポイントに編みを加えることで、デザイン的にもオリジナリティーを出すことができます。

網目を綺麗に見せるためには、編み方が緩すぎてもきつすぎてもいけません。
緩すぎると網目が整わず、きつすぎると丸みを帯び全体がゆがんだ感じになってしまいます。

表面の網目が均等になるように、適度な強さで編み進めていきましょう。

 

3本編みの方法

編みの基礎中の基礎。奇数の編みはここが基本になります。
画像はクリックで拡大されますので、必要があれば適宜確認してください。

 

①革を3本並べます

 

②AをBの上に通し右に寄せます

 

③CをAの上に通し左に寄せます

 

④BをCの上に通し右に寄せます

 

⑤AをBの上に通し左に寄せます

 

⑥CをAの上に通し右に寄せます

 

⑦BをCの上に通し左に寄せます。最初と同じ左からA,B,Cの順番になったので、②から⑦までを必要な長さになるまで繰り返します。

 

完成

 

編み終わりはカシメなどの金具で留めるか、他の革と接着、縫製をして固定しましょう。

レザー染色用仕上げ剤レザーフィックスとレザーコートの違いを実験

どうもgeradeausです。

一通りの基本的な技術を習得したら次に手を出したいのが染色。
でも染色した後の仕上げ剤っていろいろあってどう違うかわからない!どれを選んだらいいんだろう?
そう思ってました。なら初心者なんだし全部使って試してみるかってことでやってみました。

ということで、今日は前々から気になっていたレザーコートとレザーフィックス、艶消しレザーフィックスとレザーコートマットの違いについて、実際に試してみたのでまとめてみました。

まず革を染める

使用今回はアルコール染料のスピランをアルコール薄め剤で薄めて染色していきます。

 

ちなみに染色には刷毛ではなく布を使用しました。
布を使用する理由としては、刷毛を使用するよりも布を使用した方がムラなく染められるという情報を見たからです。

 

仕上げ剤を塗った後、どれがどれかわかるように床面に印をつけておきます。

1.レザーフィックス

2.艶消しレザーフィックス

3.レザーコート

4.レザーコートマット

 

いざ仕上げ剤の塗り比べ

さてこれが塗った後の写真です。画像はクリックで大きくなります。

画面上にあるのは無処理のものです。
カメラを通すと分かりづらいので、個人的な見解も含めて別々に見ていきましょう。

 

まず艶がある方から。分かりやすいように同じ場所で反射させてみました。

レザーフィックスが一番艶っとしていて、次点でレザーコート、その次に艶消しレザーフィックスが続きます。
一応1つずつ見ていきましょう。

 

レザーフィックス

 

艶消しレザーフィックス

 

レザーコート

艶感では大きな違いはありませんが、より艶を出したい場合はレザーコートよりレザーフィックスを選ぶといいと思います。

 

レザーコートマット

 

驚いたのがレザーコートマット。仕上げ無しのものとほとんど変わりませんでした。染色後に光沢を含めて色を変えたくない場合は、レザーコートマットを選ぶといいかもしれませんね。同じ艶消し系仕上げ材でも、マットさではレザーコートマットに軍配です。

仕上げ材の価格について

効果の違いは分かったけど、それぞれの価格ってどれくらい違うんだろう?って改めて思ったのでアマゾンで売っているだいたいの価格を載せてみました。私は入れ目違いで買ったので価格が比較できなかったんですよね。

アマゾン:410円(楽天:410円)

 

アマゾン:900円(楽天:453円)

 

アマゾン:380円(楽天:432円)

 

アマゾン900円(楽天:432円)

 

安く買う努力をすれば、あんまり変わりないですね。なぜかアマゾンだけ艶消し系が高いのが気になります。

でも商品ランキングだけ見たらレザーコートの方が使われてるのかなと思いました。

 

まとめ

写真が見にくかったと思いますが、お付き合いいただきありがとうございます。

個人的な印象ですが艶がある順に

1、レザーフィックス

2、レザーコート

3、艶消しレザーフィックス

4、レザーコートマット

という結果になりました。

レザーフィックスはよく艶が出ていて、レザーコートと艶消しレザーフィックスは僅差でレザーコートの方が少し艶があるかなという感じでした。

 

レザーコートマットは何も塗っていないのとほとんど変わらない仕上がりになるため、色合いや光沢を変えたくない場合はおススメです。

 

レザーの染色後仕上げ剤には他にも「ラッカー」や「ワックスコート」、「水性ウレタン仕上げ剤」など数多くの種類の仕上げ剤が存在します。

他の仕上げ剤についても手に入り次第実験したいと思います。

ちなみにネット上でよくレザーバインダーを仕上げ用途で使っている人を見ますが、レザーバインダーは下地剤であって仕上剤ではありません。正しい用途としては、染色>レザーバインダー>レザーコートの順で使うようです。
ラッカー系スプレーや塗料を使用した場合、革を曲げるとヒビ割れる可能性があるようですので、そのような時はレザーバインダー塗ったほうがいいようです。(参考:《道具》レザーバインダー、レザーコートって何がどう??

色々試して自分の好みに合った仕上げ剤を選べるようになりましょう!

レザーの染色基礎知識と材料

基本的な技術が一通り出来るようになったら手を伸ばしたいのがこの染色。単にヌメ革をそのままアイテムにするのではなく、思い思いの色を付けることにより自分を表現する幅がかなり広がります。

ただ染色といっても革に色を付ける方法は数多くあります。その中でも色付けに使用される代表的なものが染料と顔料。

まずは染料と顔料がどう違うのかについて話しておきます。

 

染料と顔料の違い

染料と顔料の特徴についてみていきます。
染料の特徴

  • イメージとしては”染める”
  • 浸透しやすく素材の風合いが活きる
  • 色や艶が経年で変わっていくためレザーらしいエイジング楽しめる
  • 耐水性が低く色落ちしやすい

顔料の特徴

  • イメージとしては”上塗り”
  • 鮮やかな色が出やすく色落ちしにくい
  • 素材のキズを覆い隠すことが出来るので、キズの多い革でも使用できる
  • エイジングしにくく、元の状態を長い期間キープできる
  • 顔料を革の上に”乗せている”イメージなので、革の風合いが損なわれる

個人で染色を行う場合は染料が使われることが多いです。

レザーの染色には主に塩基性の水性染料とアルコール系の染料を使用します。塩基性の染料とアルコール染料の差を以下にまとめてみました。

 

塩基性水性染料の特徴

  • 色のバリエーションが豊富
  • アルコール系染料と比べ安価
  • 透明感のある仕上がり
  • 陽イオンの塩基性染料と陰イオンのタンニンなめし革がイオン結合することで染色できる
  • 堅牢度(色落ちや光による退色への耐久度)はアルコール染料に劣る
  • 染料同士を混色することは可能だが混ぜれば混ぜるほど濁る
  • 酢酸が入っているため酸っぱいにおいがする(酢酸を入れると染料の粉が溶けやすいため)

 

アルコール染料の特徴

  • 耐光性に優れ経年劣化しにくい
  • 乾燥のスピードが早く、乾燥後は塩基性染料で染めたものより硬くなる
  • 混色が可能
  • 堅牢度が高い
  • アルコールが入る分革が硬くなる

冒頭でも触れましたが、染色が出来るようになるとヌメ革を購入した場合表現の幅が大きく広がるので是非覚えていきたいです。そのためにまず染色で使用する道具について一通り紹介します。

 

染色に使う道具

まずは水性染料。市場でよく見るのはクラフト社のものとSEIWAのものです。

 

クラフト染料よりもローパスバチックの方が臭いも少なく発色という意見もありますが、そのうち実践してみたいと思います。

 

アルコール染料も同様にクラフト社とSEIWAのものが有名です。もちろんこれ以外もあるので試してみるといいです。

 

 

 

顔料はまさに絵具みたいな感じです。

マツダ手芸セット (12色入)
ヌメ革への染色は風合いを活かすため水性染料を使いますが、色つきの革を染め直す場合は顔料じゃないと染まりません。
全面に使うと革の風合いが失われるので、ピンポイントのデザインに使うとかならありかもしれませんね。

 

顔料には染めQといったスプレータイプのものもあります。超微粒子で革の手触りを変えずに染められるようですが、かなり高いです。

 

染料で染色を行った後には基本的に色止めや加脂などの仕上げ処理が必要になります。
染色において色を染めるのと同じくらい重要な工程なので、そのことについてはまた別の記事で触れたいと思います。