トコノール茶色は必要?コバに着色できる?使い道と効果を検証!

手作りアイテムの出来を決めるうえで重要な役割を担うのがコバ。

既製品だと薬品で処理されがちなだけに、ハンドメイドアイテムの価値を決める大きな判断材料となります。
そんなコバを整えるための必須アイテムの一つとして、床処理剤があげられます。
床処理剤は各メーカーから出されていて、有名どころとしてトコノールを思い浮かべる人も多いと思います。

でもそんなトコノールに「茶」や「黒」のカラーバリエーションがあることをご存知ですか?
今回はトコノール(茶)が通常のトコノールとどんな差があるか、どんな時に使ったらいいのかをピックアップします。

トコノールってどんな製品?

定番のトコノール同様に天然ワックスを配合し、コバ・床面の毛羽立ちを押さえ、美しく丈夫に仕上げるための仕上材です。

糊成分により革の毛羽立ちを抑えるだけでなく、ワックスを配合していることにより、糊成分がはがれないように保護し、革の品質をより長期間保つことができます。

と、ここまではレザークラフトをしている人間ならなんとなく知ってる内容かもしれませんが、じゃあ茶色ってどんな時使うのって知ってる人は結構少ないんじゃないでしょうか。

そこで買ってみました、トコノール茶!

 

トコノール 茶の使い方について

使用の仕方的な意味では無色のトコノールと同じですが、知りたいのは色がついていることによって着色の効果がどれ程あるのかということです。
今回はヌメ革と芯通しされた革のコバを磨くことによって効果を確認してみました。
ちなみに芯通しとは染色する際に革の内側(芯)まで染色された革のことを指します。

それではトコノール 茶いざ開封!

写真は少し明るくなってしまいましたが、実物はもう少し暗めな色の印象です。

それではここから無色のトコノールでコバを仕上げた場合と、茶色のトコノールで仕上げた場合を比較します。
ちなみにコバ処理に使用したのは無料型紙&作り方でも紹介しているシステムバインダーです。興味のある方はこちらも是非。

【バイブルサイズ】システムバインダーの作り方&無料型紙【前編】

 

1.トコノール 無色

 

2.トコノール 茶

 

写真のものは上に来ている革がヌメ革、下に来ている方が芯通ししたタンニン鞣し革です。

結果は微妙に色が着きました。縫い合わせてある2つの革の色が違うため、1つの色になればいいなと思い使用してみましたが、そこまでの効果はないようです。

では芯通ししてある革のみに使う場合はどうでしょう?

 

1.トコノール 無色

 

2.トコノール 茶

 

こちらでは無色のものより茶を使用したほうが、より色合いが統一されアイテムが引き締まっているのがわかります。

 

まとめ

以上の検証結果から、コバにトコノール茶を使うならこのようなことが挙げられます。

 

1.色合いの違う2つの革を縫い合わせた場合、それを統一し1色にするほどの着色効果はない

2.ヌメ革に使うと自然な茶色いコバは表現できる

3.トコノールの色と同系統の色で芯通しした革に使うと、よりまとまりが出てアイテムを引き締められる

 

小物などでコバを際立たせるデザインの場合、無色ではなく茶色でコバを仕上げてみるのも1つの手かもしれませんね。

今回はトコノール 黒は使用しませんでしたが、効果のほどについは茶と同程度だと考えます。

コバスーパーなどのコバ処理剤に頼らず、トコノール茶で自然なコバを演出したい方は是非お試しください。

レザークラフトであったら便利なおススメの道具集

必要な道具で紹介した道具さえあればある程度のものは作れます。ただこれがあればもっと楽に、もっといいものが作れるって道具が多々ありますので紹介します。

スーパースカイバー


革漉き用の道具です。革包丁でも漉き作業はできますが、感動するくらい作業が楽になります。

 

オールマイティプレート


これさえあればどんな金具もつけることができます。1つ1つ別で揃えるとかなり出費がかさむため、こういうセットでの購入をおススメします。

 

へり落とし


コバ処理の前処理に使用します。革のヘリを落とし革に丸みをつけることで、最終的な出来上がりが格段にきれいになります。
私は最初は使っていなかったのですが、使うか使わないかでかなり印象が異なるため、綺麗な製品を作りたいなら最初から持っておくことをお勧めします。

活版活字
s-CIMG2527
オリジナル製品を作る時、どうしても使いたいのが刻印。でもなかなか数字以外の刻印で、文字が打てるものって少なかったりします。
そこで大活躍なのがこの活版印刷に使用される活字。色んなフォント、文字サイズがあるので非常に重宝します。これがあると、タグ作りや名入れが出来るようになります。非常に使い勝手がいいので、財布に余裕があれば是非ご検討を。
参考:活字をアルファベット刻印として利用して革タグを作ろう!

私もいろいろ新しい道具を試してみたいと思いますので、便利なものが見つかればその都度このページに追加していきます。

レザークラフト初心者に必要な道具集

レザークラフトは専用の道具を使わずとも、やろうと思えば案外できます。

ペンでけがいたりハサミで切ったり、縫い穴を開ける道具と縫う針だけあれば何とかなります。

でもそれだとちゃんとしたモノを継続的に作るには物足りないですよね。

そこで初心者の方に向けて、レザークラフトでこれは持っていた方が良いという道具を紹介したいと思います。

自分が作りたいものは何か、そのためにはまず何から揃えるべきかの参考にしてください。

 

レザークラフトで揃えたい道具一覧

丸ギリ

ホーム
created by Rinker

型紙を革に合わせ革の裁断方法面をけがいたり、穴の位置を印付ける時に使用します。また1.6mmの丸穴を開けることもできます。
革をけがく上で必ず使う道具であり、持っていると何かと役立つので1つあれば間違いないでしょう。

 

プロ用銀ペン

created by Rinker

クロム鞣しの革に型紙を合わせ革の裁断方法面をけがいたり、穴の位置を印付ける時に使用します。タンニン鞣しの革は跡がつきやすいため丸ギリを使用しますが、クロムなめしの革はけがいても跡がつきづらく、強くけがくと革が銀面がめくれてきたりします。
革の裁断方法作業を進める上で、けがいた線が分かりにくいと時間がかかってしまうので、丸ギリと使い分けて使用します。

 

革包丁

created by Rinker

革の革の裁断方法に欠かせない道具です。下に紹介する価格の安い「別たち」もありますが、私はカッコよさを求めてレザークラフトを始めたため、最初から値段の高い革包丁を購入しました。
めちゃくちゃ切れ味がいいです。値段分の価値は確実にあります。ただずっと使っていると切れ味が落ちてくるので、研ぐ必要があります。

 

別たち

created by Rinker

革の革の裁断方法に欠かせない道具です。革包丁と同様に使用でき、なにより刃を研ぐ必要がないので楽です。また価格もリーズナブルで入門用としては十分だと思います。

 

ビニール板

created by Rinker

革を革の裁断方法するとき下に敷きます。これがないと机を傷つけてしまいますし、ビニールで柔軟性があるので革包丁の刃を傷めることなく使用できます。ただ意外と高いんでびっくりします。やってる感じからすると、極小だと後々後悔しそうなので、せめて小サイズくらいからの方がいいかなと個人的には思います。

 

ネジ捻

created by Rinker

革を縫うときのガイドを引く道具です。先端のネジで開き幅を調節でき、一定の幅での線引きが可能です。
私は普段もっとチープなディバイダーというコンパスのような道具で線引きをしておりますが、ネジ捻の方が使いやすいです。

 

ヒシ目打ち

created by Rinker

革を手縫いする場合事前にこの道具でガイドの穴を開けます。基本的には2本ヒシ目打ちと4本ヒシ目打ちがあれば間に合います。
直線は4本ヒシ目打ちでいいですが、カーブの穴を開ける場合は2本ヒシ目打ちが必要です。

 

ハトメ抜き

created by Rinker

1枚目の画像のものは一般的なハトメ抜きです。かがりや金具の取り付け用の穴を開けます。
ただ1つ当たり600円くらいして、サイズごとに揃えるとかなりの金額になるため、ここでは他のものをお勧めします。

 

レザーパンチ

dougu
created by Rinker

これ一つで6種類の違う大きさの穴を開けることができます。ハトメ抜きを普通に買ったらそれだけで3000円以上かかりますが、これならかなり安くで購入できます。

 

ストロングツール


こちらはさらに安いタイプです。先端を交換して好みのサイズで穴を開けることができます。大体600円程度なので、通常のハトメ抜き1つの値段で6個分の仕事をしてくれることになります。

 

木槌


穴あけ、刻印の打ち込み、縫った後の糸の押さえなど様々な用途で使います。
正直上記のことができれば100均のハンマーだろうが何でもいいですが、木製だとやっぱりカッコよくて、レザークラフトしてるぜって気になります(笑

 

ゴム板


ヒシ目打ちなど、他にも打ち込みをする際の下敷きとして使用します。これがないと机が傷つくので、確実にあった方がいい一品です。

 

サイビノール


伸びのよい水性系接着剤で、乾燥後は半透明になります。縫い合わせの前に接着したりと、案外接着で最終製品への出来も変わってくるので、確実に1つは持っておきたいです。

 

ジラコヘラ


接着剤を薄く伸ばすために使用します。正直接着剤を伸ばすだけなので、これじゃなくても何を使ってもいいと思います。

 

手縫い針


通常の針より太めで、先端も鋭くありません。おススメとしては細い穴を通すので、針としては細め。ただ糸通しが面倒なので、糸通し用の穴が大きいものが素晴らしいです。

 

エスコード


麻製の手縫い糸。そのまま使用すると毛羽立つため、手縫いワックスでロウ引きという作業をしてから使用する必要があります。
多くのカラーバリエーションと3種類の太さがあるので、作品ごとに変えてもGood.

 

手縫いワックス
[amazonjs asin=”B0091FU0KK” locale=”JP” title=”クラフト社 革工具 手縫いワックス 8630″]
手縫い糸をコーティングして毛羽立ちや、使用途中での擦り切れ、縫い目の緩みを防止する。
主成分は蜜ロウ。

 

手縫いロウ引き糸


あらかじめロウ引きされたポリエステル製の手縫い糸。自分でロウ引きするのは面倒くさいという人はこちらをどうぞ。

 

トコノール

トコ・コバの仕上げ剤。トコとコバの表面の毛羽立ちを押さえ、滑らかで艶やかに仕上がります。無色透明で臭いもなく、水性なので安全に使用できます。

 

プレススリッカー


3種類の幅の違うコバ処理が可能です。その他床面磨き・接着の際の圧着や型出しなど様々な用途で使用できます。

 

サンドスティック


接着前にサンドスティックで接着面を削ることにより、より強固に接着させることができます。
また革を張り合わせた後、微妙に段差が出てしまったコバの処理にも使います。